芝生が青くならない!原因と対処法😃✨

芝生が青くならなくて、お悩みではないですか

原因や対処法を知って、芝生を青々させましょう

さて
憧れの芝生にした皆さん
芝生の調子はいかがでしょうか?

マイホームの芝生を眺めて
ニッコリ出来る人って、案外少ないですね

青々したイメージとは
ほど遠く

色の薄い、ペッタリした芝生を前に
ションボリうなだれていませんか

あとから芝生を張った
お隣さんの方が、青く見えて

よけいに焦ってしまいますよね

んがぁ~!
ちっとも青くなら~ん😣💦

と嘆いている方いるかと思いますが

大丈夫!
原因が分かれば、対処できますよ😄

もともと芝生は、丈夫な植物なんです

適切に対処すれば
芝生は元に戻りますよ

この記事では、青くならない芝生の原因と対処法をご紹介いたします🤗✨

芝生が青くなる3要因

1.芝生の長さ

芝生は、長いほど青くなります

いや、青く見えます
と言う方が、正しい表現かも😅

なぜなら
葉は長いほど、緑色の部分が多いから

当たり前すぎて
怒られそうですが😅

実際に、真夏の間
芝生を長くしてみました

長さ13mmの管理から
長さ17mmに変えたら

芝生の色は
濃くなったんです

長さ13mm

長さ17mm

わずか4mmの違いでも
青さは違うものですね

芝生は、長くなるほど色濃く
短くなるほど、色は薄くなっていきます

誰でも
短い芝生に憧れますが

綺麗に見えるものの
一方で
青さは、薄くなってしまいます

青くならなくて、悩んでいるなら
長めの管理がいいですね…ムフムフ😊

2.芝生の密度


芝生は、密度が上がると
青くなります

なぜなら
葉数が増えるから

ランナー

芝生は、ランナー(ほふく茎)から
複数枚の葉を立ち上げるので

青々した芝生は
分けつしたランナーが
密集している証拠ですね

3.芝生の葉色


芝生は、葉色を上げれば
青々とします

品種や産地によって
緑濃い芝生や、青みがかった芝生など
葉色も異なりますが

床土や肥料など
環境や手入れによって
葉色は変化するので

産地の違う芝生を植えても
時間の経過とともに
似た色合いになっていきます

葉色をコントロールしながら
青々させるといいですね😉

芝生が青くならない主な原因

それなりの愛情を持って
手入れしているのに

さっぱり
青々しないんだよね…トホホ😩

と、お嘆きのあなた
原因を考えたことありますか?

芝生を青くする3要素が
足りてないからですよ

芝生を
よ~く観察してみてください

何かしら原因は見えるはず

ここでは
青くならない原因の
代表的なものをご紹介しましょう

1.土が固くなっている

土が固くなると
芝生は青くなりません

なぜなら
根の生長が阻害されるから

カチカチの土では
伸びたくても
思うように生長できませんよね

根が弱ると
葉も弱まり

伸びは衰え
葉数は減少していきます

芝生は
ピーンと、上に伸びるものですが

ペッタリ横を向いて
まばらに生えているなら

土が固い
せいかもしれませんよ

試しに
芝生の上を、歩いてみてください

足裏に、固さを感じるのではありませんか?

こりゃ、いかん!
と、思った方は

さっそく
土を柔らかくしてあげましょう😄

土が固い時の対処法

土を柔らかくするには
エアレーションです

エアレーションとは
土に穴をあけ
通気性や透水性の改善を図るとともに

土を柔らかくして
根の生長を促す作業のこと

エアレーションの方法は
大きく2種類です

フォーク形状の刃を土に刺す
スパイキングと

スパイキング

筒状の刃を刺し、土(コア)を抜き取る
コアリングがあります

コアリング

エアレーションを定期的に行うと
根はイキイキと成長し
芝生は、青くなりますよ

スパイキングを詳しく知りたい方はご覧ください↓

コアリングを詳しく知りたい方はご覧ください↓

2.サッチが溜まっている

サッチが溜まり過ぎると
青くなりません

なぜなら
土や根に、水分や空気が浸透しなくなり
芝生は、衰弱してしまうから

サッチとは
芝生の刈りカスや、細かいゴミが
芝目に入り込み、堆積したもの

サッチは、保水性が高いので
地際のジメジメが続いて

病気の原因になりますので
堆積させないよう、気をつけてくださいね

サッチが堆積した時の対処法

サッチが堆積したら
サッチ取り、いわゆるサッチングを行いましょう

サッチングの方法は、2種類

レーキを使うサッチングと
サッチングマシンによる方法です

レーキによるサッチングは
手軽にできますが

重労働なので
芝生の面積が広い場合は
サッチングマシンを使うといいですね…ムフムフ😊

レーキによるサッチング

サッチングマシンによるサッチング

サッチングで注意したいことは
取りすぎないこと

サッチは、根やランナーの保護にもなるので
少し残っているくらいが
丁度いいんです

青々させたいからといって
ガリガリ やり過ぎないでくださいね😅

レーキによるサッチングを詳しく知りたい方はご覧ください↓

サッチングマシンによるサッチングを詳しく知りたい方はご覧ください↓

3.虫に食べられている

害虫の被害を受けると
芝生は青くなりません

なぜなら
葉や根を食べられ
枯れてしまうから

害虫が大量発生して
一晩のうちに食べ尽された

根をムシャムシャ食べられ
気づいたら
芝生が枯れていた

という話を、よく耳にしますよね

実際
大発生したコガネムシの
食害は、こんな状況になります

んがぁ~!
思い出すだけで 恐ろしいぃ😫💦

このように
虫に食べられると
枯れて、青くならないんです

食害を受けた時の対処法

食害を受けたら
直ちに、害虫の駆除を行いましょう

効果的な方法は
害虫に適用のある殺虫剤を散布すること

害虫を駆除した後は
芝生の再生に取り組みましょう

微生物資材を散布すると
青々と、早く生き返りますよ

微生物資材を詳しく知りたい方はご覧ください↓

4.芝生を張ったばかり

張ったばかりの芝生は
青くなりません

なぜなら
根やランナーの生長が
不十分だから

芝生を張ったら
すぐに青々すると思いがちですが

残念ながら
そう簡単にはいきません…うへ~😣💦

張ったばかりでは
根やランナーはまばらで
十分な密度が得られないんです

時間は掛かるものと考え
1年目 →芝生の固着を第一に取り組む
2年目 →青々させることに取り組む

このくらいのつもりで
お手入れするといいですね

すぐに青くなると思っていると
ガッカリして
モチベーションが下がってしまいます

ユッタリ構えて
お手入れを続けてくださいね🤗

芝生を張ったばかりの時の対処法

芝生を張ったら
根付くまで、注意が必要です

やらなくてはならないことや
やってはダメなことがありますよ

1カ月までは、根付かせることに
フォーカスすることが大切

その後は
青々とした芝生にするため

根やランナーの
生長促進に取り組みましょう

芝生を張ったばかりの方はご覧ください↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、青くならない芝生の原因と対処法をご紹介しました

ポイントは
1. 芝生は、長く密度が上がるほど青くなる
2. 床土や肥料など、環境や手入れにより葉色は変化する
3. 芝生を張ったシーズンは、根やランナーがまばらで青々とはならない

芝生って
放っておいても青くなると

勘違いしている方
とても多いですね

な~んて
偉そうに言っていますが

実は
私も勘違いした一人です…エヘヘ😅

数年経つと
青々した芝生も
元気はなくなるものです

その時になって
ハッ!
と気づき

こりゃ、いか~ん!
と、手入れを始めるんですよね

ほったらかしにしたこと
ホント後悔するんです…シュン😫💦

芝生を張れば
誰でも青くできますが

青さを維持するのは
とても大変なことです

芝生の手入れに
派手さはありませんが

コツコツ積み上げることで
青々とした芝生にできますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、誰もがうらやむ美しい芝生を育ててください🤗✨

芝生の再生方法を詳しく知りたい方はご覧ください↓

 

 

 

おすすめの道具や資材をご紹介いたします

エアレーション・スパイキング道具

固い芝生のエアレーションは
フォーク形状の道具ならサクサクできますよ↓

 

アルミ製レーキ
爪部分の伸縮は必須ですね
柄の伸縮までできるので、更に便利です↓

 

サッチングマシン
パワーのある電動芝刈り機なので、サッチングも楽々
サッチング刃は替爪できるので安心ですよ↓

 

殺虫剤 スミチオン乳剤
芝生の殺虫剤ならこれで決まり
散布した翌日は、害虫の死骸を確認することもあり、効果を実感できますよ↓

 

スーパーグリーンフード(SGF)
芝生の再生に取り組むならこれ
化成肥料や液肥に比べ、効果は眼を見張るものがありますよ↓

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事