芝生を張る前にすべき床土改良の方法😃✨

芝生の床土は、どのように改良していいのか悩んでいませんか?
芝生を元気にする床土改良の方法がありますよ😄

マイホームを建てたら、いよいよ庭づくり
楽しみいっぱいで、自然と笑みがこぼれているのではないですか😊

この記事を見ているあなたは、芝生を検討中のことと思います

ちなみに、私は芝生を張って約15年ですが

帰宅して芝生を見るたびに、癒される毎日です…むふ〜😍

同じ気持ちを、ぜひ味わっていただきたいですね😄

「うほ~!じゃ、さっそく芝生を張っちゃお!」という気の早い方😆

ちょっと待った!
芝生を張る前に、ご自宅の床土をよく確認してください

床土次第で、手入れの大変さは変わりますよ

芝生は張ってからがスタート

いよいよ芝生との長い付き合いの始まり

もちろん、手入れの手間は少ない方がいいですよね…ムフムフ😊

それには、芝生を張る前の床土改良が、とても大切なんです

この記事では、床土改良の方法を分かりやすくご紹介いたします🤗✨

床土改良の方法

マイホームが建ち、すでにお庭の整地は終わっていることと思います

一般的に、宅地造成は山ズリで行われ、最後に30cm程度の表土を乗せられ完了します

芝生の根は、約15cm伸びるので、表土の厚みは30cmあれば大丈夫

ただし、表土は芝生に適した「砂質土」が理想なんです

ご自宅の表土は、どんな土質かよく確認してください
砂利が多い「礫質土」なのか
適している「砂質土」なのか
ベタベタする「粘土質」なのか
さて、どれに当てはまりますか?

砂質土であれば問題ありませんが
礫質土の場合、砂利を取り除かなければなりません

粘性土の場合は、水はけが悪くやはり改良が必要です

ちなみに
我が家の土質は「粘性土」

雨の日には、低いところに水たまりができてしまいます

うへ~!
水はけ悪っ😱

後で苦労しないように、芝生を張る前に対策してくださいね😅

話を戻しますが
床土改良は、エアレーションの刃を考え、最低でも10cm以上行いましょう

粘性土の場合、川砂又は山砂を加え、砂質土へ変えます

砂の量は1~5割
ご自宅の土の状態により、加える量を判断してくださいね

「そんなこと言ったって分からないよ」

という方いるかと思います😅

私の経験ですが、一般的な土いわゆる「普通土」であれば、砂の量は1割でよいです

砂以外に、市販されているバーミキュライトなど、土壌改良資材を投入すると、土質は更に向上します

最後は、養分となる有機物のバーク堆肥や化成肥料を混ぜて、芝生の成長を促進させましょう

ちなみに
私は10割つまり全て砂に入れ替えて、芝生を張ったことがあります

地盤が低く、雨水が集まるところですが

水はけを優先してのことで、結果として、芝生の根張りはよくありませんでした

芝生の上を歩いても、フワッとした感じはなく、固く感じます

特別の目的でもない限り、10割はおすすめしません😅

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、芝生を張る前にすべき床土改良の方法を紹介しました😃✨

床土改良した後は
1.土が柔らかくなる
2.通気性が向上する
3.透水性が向上する
などの効果があります

これら効果により、芝生の根張りや葉の成長も促進され、病気や枯れの発生は減りますよ

芝生を張ってから、床土を改良しようとすると、大変な労力がかかります

芝生とは長いお付き合い😊
慌てて張ってしまわず、土の状態をよく見て、床土改良してから芝生を張るといいですね

床土がいいと、手間をかけなくても芝生はスクスク成長していきますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、芝生がよろこぶ土壌環境を作ってあげてください🤗✨

参考に
すでに芝生があり剥がしてから床土改良する方へ
詳しく解説した記事がありますのでご覧ください
スコップ1本で簡単な芝生の剥がし方
写真でわかる剥がした芝生の処分方法
芝生の貼り方の詳しい記事はこちら
写真でわかる失敗しない芝生の張り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です