おすすめ記事
芝生の猛暑対策!夏枯れを防ごう😃✨

猛暑日は、芝生が心配になりますね

猛烈な暑さを乗り切るには、コツがあるんです

さて
梅雨明けすると、夏は本番
誰でも、ウキウキする時期ですよね

しか~し!
異常気象に伴う、近年の暑さは災害級です

毎日のように
熱中症の報道を目にすると

うへ~!
エアコンの効いた部屋から
1ミリも出たくありませ~ん😰

と思うのは私だけではないはず

冷えた部屋での~んびり
冷たいアイスをペロペロしていれば
ニコニコご機嫌になりますが😁

一方で
逃げようのない、マイホームの芝生はかわいそう😣💦

ジリジリする暑さに
ぐったり元気はありません…シュン😥

ほげぇ~!
猛暑で枯れちゃいそう😵

と、心配になった方いるかと思いますが

でも、大丈夫!
猛暑を乗り切る対策があるんです

ちょっと気を配るだけで
上手に乗り切ることができますよ

この記事では、芝生の猛暑対策をご紹介いたします🤗✨

芝生の猛暑対策ベスト4

週間天気予報で猛暑日が続くようなら
猛暑対策に、ぜひ取り組んでくださいね

きっと
元気に、猛暑を乗り切ることができますよ

効果的な対策を4つご紹介します

刈り高を上げる


強い日差しを受け
芝生の根は弱ってしまいます

一時的に
猛暑の間は、刈り高を上げましょう

なぜなら
長いほど日差しが根に届きにくいから

もう一つ理由があって
芝生は、光合成により成長しますが

葉の部分は、長いほど光合成が促進されて
健全な状態を維持しやすくなるから

あなたは、どのくらいの長さにしていますか?

それぞれ芝生の長さは違うと思いますが

例えば
9mm → 13mm
13mm → 17mm
15mm → 20mm
20mm → 25mm

のように
芝刈り機の目盛りを、一段上げるといいですね😉

長いほどいいんでしょ!
といって
数目盛りも上げてはダメですよ

なぜなら
徒長して、軸刈りになってしまうから

早朝の水やり


猛暑になると
芝生の水分は、アッという間に蒸発してしまいます

水やりは、芝生がヒタヒタになるまで
タップリとあげてくださいね

ただし
水やりの時間帯には注意してください

気温の上がる日中はダメですよ

気温35℃を超えるようになると
撒いた水は熱湯のようになって

あぢ~!
と、芝生もたまりませんからね😅

芝生が蒸れて
枯れてしまいますので注意しましょう

猛暑日は
朝露の残るうちに水やりしてくださいね…ムフムフ😊

ひょっとしたら
もう水切れになっちゃった方いるかもしれませんね😅

水切れの見分け方ですが

試しに
芝生の上を歩いてみてください

もし
踏み跡の芝生が
すぐに立ち上がらなければ、水切れサインですよ

さらに
水切れが進むと
葉は丸まり、針金のようにチリチリになります

こうなったら、完全な水切れ

うへ~!
枯れてしまわないうちに
一刻も早く、水やりしてくださいね😄

化成肥料は与えない


猛暑日に、化成肥料は与えないでおきましょう

なぜなら
肥料焼けになりやすいから

化成肥料に含まれる窒素成分は
葉に付くと、葉焼けを起こします

猛暑で弱っていると
全面枯れてしまうかもしれませんよ

化成肥料は、猛暑が過ぎ去るまで控えましょう

肥料を与えたいなら
液体肥料を使いましょう

液体肥料は
葉焼けしませんからね

おすすめの肥料は

メネデール液肥

ハイポネックス液肥

シバエキス

サッチング・エアレーションはしない

サッチング・エアエーションはしないでくださし

なぜなら、ダメージを与えてしまうから

芝生を元気にするための作業に

・芝目に溜まったゴミ等を取り除く
サッチング
・固くなった芝生を柔らかくする
エアレーション

があります

これらって
芝生へのダメージが強いんですよね

どちらの作業も
一時的に、枯れが発生します

ほとんど
2週間くらいで、元に戻りますが

ただし
猛暑の時は、弱っている状態なので
ダメージをさらに強く受けてしまします

猛暑の間は控え
暑さの過ぎる、9月に入ってからにしましょう…ムフムフ😊

まとめ


いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生の猛暑対策をご紹介しました

ポイント
☛ 猛暑の間は、刈り高を1目盛り上げる
☛ 水やりは、朝露の残る時間帯にたっぷり与える
☛ 猛暑の間は化成肥料は控え、与えるなら液肥にする
☛ 強いダメージを与えるサッチング、エアレーションはしない

梅雨があけると
太平洋高気圧が張り出し
一気に気温は上がりますよね

暑さになれていないので
すぐにバテてしまいませんか

暑さ対策の準備って
ほんと大切ですよね

これって
芝生も同じだと思うんです

高麗芝など夏芝でも
適温は35℃までと言われています

猛暑が続いたら
だんだん弱ってしまいます

暑さが過ぎ去るまで
できるだけ
楽に過ごさせてあげたいですよね

猛暑を上手に乗り切れば
秋に向けて
芝生はモリモリ元気になること間違いなし😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、美しい芝生を育ててください🤗✨

芝生の夏越しが気になる方はご覧ください↓

夏に行うべき芝生の作業を知りたい方はご覧ください↓

 

 

 

バロネス LM4D
芝刈り機は、仕上がりの良さで決めるべき
ポイントは重さ
芝生に負けない重さで、サクサク刈れますよ
おすすめです↓

 

 

ホース ウェイビーキューブPRC-20GN
このホースは、使った後の片付けが楽なので使いやすいです
しかも、カバー付きなので日光を防ぎ長持ちしますよ
おすすめです↓

 

 

メネデール液肥
成分 チッソ7-リン5-カリ5 +鉄
殺菌剤と組み合わせ散布も大丈夫!手間を省けますよ
固形肥料と違い、肥料焼けの心配がないので安心ですね↓

 

 

ハイポネックス液肥 芝生の液肥
成分 チッソ5-リン2-カリ4 +鉄・かん水フルボ酸配合
芝生の生育に適したチッソ・リンサン・カリと、葉緑素(クロロフィル)の元となるミネラル分をバランス良く配合
地下深層水から抽出した天然有機物「かん水フルボ酸」を配合
色鮮やかで丈夫な芝に育ちますよ↓

 

 

シバエキス液肥
成分 チッソ7 -リン5 -カリ5 +水溶性苦土
イオン土壌改良剤入りで、土壌ふかふか
持続効果を持つイオン交換分子化合物からなる芝生と土壌の専用管理剤↓

 

 

レーキ
芝生サッチングは、金属製レーキに決まり
爪部分の伸縮は必須ですが
柄の伸縮までできると、更に便利ですよ↓

 

 

ローンスパイクJr
サイズ 全長830mm×全巾355mm
スパイク部 長さ80mm×3本
刺すだけなので簡単にエアレーションできますよ
初心者ならこれで決まり↓


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事