芝生のサッチ取りをレーキ使って簡単に行う方法😃✨

サッチ取りの道具はレーキ(熊手)が便利で簡単です

さて、皆さんの芝生はフサフサで元気ですか?

キチンとお手入れを続けていればキレイな芝生をキープすることができます

でも、少しでも放っておくとアッという間に芝生は荒れてしまいますね

ひょっとして、皆さんのお庭は写真のようにスカスカになっていませんか?

んがぁ~!
何度見てもヒ、ヒドい😣💦💦

ちなみにウチの昔の写真です…ションボリ(“

ここまで荒れてしまう原因は一つとは限りませんが、もしかしたらサッチが原因かもしれませんよ

芝生の目の中に枯れ葉や刈りカスがいっぱい溜まっていませんか?

この記事では、レーキを使って芝生のサッチ取りを簡単に行う方法を皆さんにご紹介いたします🤗✨

サッチによる影響

サッチは芝生の通水性・通気性を妨げてしまいます

サッチの堆積により地際はいつもジメジメ、湿った状態が続くと芝生は段々と弱ってきます

病気の原因にもなりますし有機物のサッチがたくさんあると害虫も喜んで寄ってきます

サッチはキチンと取り除いてあげましょう😊

レーキの選び方

サッチ取りはレーキ(熊手)を使います
レーキといっても種類は色々

芝生のサッチ取りには柄の長いレーキがおすすめです

ちなみに私は2種類の長柄レーキを持っています

竹製とスチール製レーキ

竹製でサッチ取りしてみると
爪の幅が広いので芝生の目に深く入りません

残念ながら地際に溜まったサッチは取ることができませんでした

一方で、スチール製は爪が細く頑丈なので芝生の地際までしっかり爪が入ります

レーキの幅を自由に調整できるので使いやすい幅でサッチ取りすることができます
調整レバー

幅を広くした状態

幅を狭くした状態

結論として
芝生のサッチ取りはスチール製レーキが使いやすいです

サッチ取りの方法

芝生にレーキを当てて手前に引いて取り除きます

力を入れすぎると爪が深く入り芝生のランナー(ほふく茎)に引っかかって上手に掻き出せません

無理に引くとランナーまで取れてしまいます

芝生の中の地面を軽く引っ掻くつもりで行うとうまくいきます

少しレーキを寝かせ気味で行うとサッチが集めやすいです

かき集めたサッチはゴミ袋に入れて燃えるゴミとして出しましょう

サッチ取りしてはいけない場合

病気で弱ると芝生は枯れてきます

枯れた芝を取り除きたくなりますが、サッチ取りをしてはいけません


弱った根がさらにダメージを受けて病気の箇所が裸地化する恐れがあります

病気の箇所はサッチ取りせず殺菌剤を撒いて様子をみましょう😉

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、レーキを使って芝生のサッチ取りを簡単に行う方法をご紹介しました😃

ポイントは
1.道具はスチール製レーキ(熊手)が使いやすい
2.ガリガリやり過ぎない(7~8割取り除けば十分)
3.レーキを深く当てすぎて芝根を傷めないよう注意
4. 病気で枯れているところはサッチ取りしない

芝生のサッチ取りいわゆるサッチングは重労働です

本気で取り組むとクタクタになって次の日に寝込んじゃいます😅

適度に休憩を取るか作業時間を決めて数日に分けるといいですね

サッチ取りは単調なので楽しみながら作業しましょう😄

モチベーションアップの方法を詳しく紹介した記事があるので、ぜひご覧ください
楽しく芝生のお手入れをするために欠かせないアイテム3選

サッチ取りは芝生にダメージを与えます

サッチ取りの時期は、回復が早い成長期の春秋に行うようにしましょう

ちなみに猛暑の夏は芝生が弱る時期なのでサッチ取りは行いません

また、日本芝は冬に枯れるので特にサッチが増えます

そのため春先のサッチ取りは効果が高くなります

正しい方法で適切な時期にサッチ取りすれば、フサフサで元気な芝生が戻りますよ

作業は大変ですが工夫して楽しみながら行いましょう

皆さん
ぜひ参考にしていただきカーペットのような素敵な芝生を育ててくださいね🤗✨

参考に
芝生の成長を促す目土入れの詳しい記事はこちら
芝生をグングン成長させる目土入れを分かりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です