おすすめ記事
芝生のサッチングをレーキで簡単に行う方法😃✨

サッチングの道具は何を使っていますか?

レーキ(熊手)が簡単で便利ですよ

さて

芝生の状態はいかがでしょうか?

手入れを継続すれば、キレイな芝生をキープできますが

少しでも放っておくと
アッという間に、芝生は荒れてしまいますよね

ひょっとしたら
芝庭は、写真のようにスカスカになっていませんか?

んがぁ~!

ヒドい状態😣💦💦

ちなみに

写真は、過去の芝生パラダイスの庭です…うへ~😫

ここまで荒れてしまう原因に、サッチの堆積があります

芝生の目の中に、枯れ葉や刈りカスがいっぱい溜まっていませんか?

サッチを堆積させると、病気や害虫が発生してしまいますよ

芝生の中は、キレイにしておかないとですね

この記事では、レーキで芝生のサッチングを簡単に行う方法を、ご紹介いたします🤗✨

サッチによる影響

サッチは、芝生の通気性・透水性を妨げてしまいます

サッチの堆積により、地際はいつもジメジメ

湿った状態が続くと、段々と芝生は弱って病気が発生しやすくなります

さらに、有機物のサッチがたくさんあるので、害虫も喜んで寄ってきます…うへ〜😣💦

サッチは溜めないようにしないとですね🤗

レーキの選び方

サッチ取りは、レーキ(熊手)を使いましょう

レーキといっても種類は様々

芝生のサッチ取りは、柄の長いレーキがおすすめですよ

写真の2種類のレーキでは、使い方が異なります

竹製とスチール製レーキ

竹製でサッチ取りすると
爪の幅が広いので、芝目に深く入りません

残念ながら、地際に溜まったサッチは取ることができませんでした

一方で、スチール製は爪が細く頑丈なので、芝生の地際までしっかり爪が入ります

しかも、レーキ幅を自由に調整できるので、使いやすい幅でサッチ取りすることができますよ
調整レバー

幅を広くした状態

幅を狭くした状態

結論として
芝生のサッチ取りは、スチール製レーキが使いやすいです

竹製レーキは、芝生の上を滑るよう集められるので、掃除に使うと便利ですね

サッチ取りの方法

芝生にレーキを当て、手前に引いて取り除きます

力を入れすぎると爪が深く入り、芝生のランナー(ほふく茎)に引っかかって、上手に掻き出せません

無理に引くと、ランナーまで取れてしまいます

地面を軽く引っ掻くつもりで行うと、うまく出来ますよ

レーキを寝かせ気味で行うと、サッチを集めやすいです

かき集めたサッチは、ゴミ袋に入れ燃えるゴミとして出しましょう

サッチ取りしてはいけない場合

病気の芝生は、枯れて弱っています

枯れた芝生を見ると、取り除きたくなりますが、サッチ取りをしてはいけません

上の写真は、ダメなことを知らず、病気のところを一生懸命サッチングしているところ

その後、病気のところをサッチングしちゃダメなことを知って…シュン!

もちろん、その晩は枕をビッショリ濡らしました

病気のサッチングは、弱った根がさらにダメージを受け、最悪は裸地化してしまいますよ

よい子の皆さんは、病気のところはサッチ取りせず、殺菌剤を撒いて様子を見てくださいね😉

まとめ


いかがでしたでしょうか?
この記事では、レーキを使って芝生のサッチングを簡単に行う方法を紹介しました

ポイント
☛ 道具はスチール製レーキ(熊手)が使いやすい
☛ ガリガリやり過ぎない(7~8割取り除けば十分)
☛ レーキを深く当てすぎて芝根を傷めないよう注意
☛ 病気で枯れているところはサッチ取りしない

芝生のサッチ取り、いわゆるサッチングは重労働です

一気に行うと、クタクタで翌日は寝込んじゃいますよ😅

適度に休憩を取ったり、作業時間を決めて数日に分けるといいですね

サッチ取りは、芝生にダメージを与る作業なので

成長期で回復の早い春秋に行いましょう

猛暑の時期は、サッチ取りはしてはいけませんよ

なぜなら、暑さで芝生が弱っているから

日本芝は冬枯れして、冬にサッチが増えるので

春先のサッチ取りは、最も効果が高くおすすめです

サッチングの経験のない方もぜひトライしてください

きっと、元気でフサフサな芝生が戻りますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、カーペットのような芝生を育ててください🤗✨


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事