芝生エアレーション!コアリングで土壌改良する方法😃✨

芝生エアレーションのコアリングやったことありますか

スパイキングに比べ土壌改良の効果が高くおすすめですよ

さて
マイホームの美しい芝生

綺麗に手入れがされた芝生は、すべての人に癒しを与えてくれます

お客さんはもちろんのこと、たまたま通りがかった人まで、緑の芝生にうっとり目を奪われるでしょう

そんな癒しの芝生を、いつまでも美しく維持したいものですね

しか~し!
現実はそんなに甘くはありません

年数の経過とともに段々と土は固くなり、見る見る芝生はスカスカに…うへ~😱

そんな状態にならないためにも、芝生エアレーションしましょう

穴あけしてあげると、芝生は若返えりますよ😄

えっ!
スパイキングもうやってる😱

それなら大丈夫ですが😅
でも、もっと効果を上げたくはないですか?

おすすめしたいのは「コアリング」

えっ!
知ってるけど、面倒だからやらないって😵

ほげぇ~!
確かに、コアリング後の土の片づけや目土入れは手間が掛かります😰

でも、スパイキングでは得られない高い効果があるので、試してはどうでしょうか

きっと効果の違いを感じることができますよ

この記事では、芝生をコアリングで土壌改良する方法をご紹介いたします🤗✨

コアリングとは

芝生のエアレーションは大きく2種類

フォークタイプの道具を突き刺すスパイキングと、円筒状の道具を突き刺し、土(コア)を抜き取るコアリングです

どちらも土に穴をあけ、通気性・透水性を向上させるのは同じですが
コアリングは穴に新しい目土を入れるので、スパイキングに比べ土壌改良の効果が高いんです

新しい目土により発根が促されるので、芝生の成長がより促進されますよ

スパイキングに比べると手間は掛かるものの、水はけの悪い粘性土を改善できるので、土質でお困りの方におすすめなんです😉

コアリングのおすすめ道具

芝生の土がカチカチになっていると土(コア)は抜けにくくなります

どのホームセンターでもコアリング道具は購入できますが、おすすめはこちら

バロネス タインエアレーター

1.特徴

・円筒状の刃(タイン)の側面が開口しているので、土(コア)が抜けやすい

側面の開口部

・タインが3本なので、ホームセンターで購入できる2本のものに比べ効果が高い

・コアリングの深さを調整できる

2.仕様

・梱包内容 本体、タイン3本、掃除棒
・寸法 全高830×全幅300×全奥行60mm(タイン装着時)
・タイン 炭素工具鋼製
内径8mm/外径12mm
全長120mm(うち接続部20mm)
・重量 約3kg

価格は23,000円(税込)と値は張りますが、ホームセンターで購入できるものとは比較にならないほど土(コア)がよく抜けます

芝生が固いと感じている方にタインエアレーターはおすすめです😊

コアリング作業の手順

タインエアレーターを例にコアリング作業をご紹介いたします

手袋・運動靴を履いて準備体操が済んだら

足を掛けて

ザクッ!

後ろに下がりながら作業します
ザクザク!ザクザク!

面積が広い場合は、水糸を張ると真っ直ぐ作業できますよ

途中でタインが詰まったら

土を取り除きましょう

掃除棒で

刃の先から
グイッ!

コアリングが終わった後は

じゃん!

こっちもパチリ!

抜けた土(コア)はこんな感じ

よく言われることだけど…

うへ~!
ほんとウ○チみたい😱

次に、芝生に広がるコアを掃除します

コアはレーキで集めるのが一般的

ただし、面積が広い場合はサッチングマシンがおすすめです

さっそく電源コードをつないだら
ビィ~ン!

こっちも
ビィ~ン!

終了したら仕上がりを見てみましょう

ビフォー

アフター

むふ~!
キレイに片付きました😍

ちなみに
サッチングマシンを使うと、コアを抜いた穴は一見分からなくなります😅

コアリング後の目土入れ

コアリングは、スパイキングと違い目土入れが必要です

ちなみに
目土を入れないとどうなるのか気になりますよね

いずれ自然と空洞は埋まりますが、それまで根の成長が遅れてしまいます

コアリング最大のメリットは、新しい目土を入れられること

繰り返し目土を入れることで、粘性土から砂質土へ土質改善することができますよ

ぜひ、目土を入れるようにしましょう😄

コアリング後の目土入れの作業手順

コアリング後は目土を入れましょう

使う目土は「川砂」

用意した道具はこれ

・フルイ(細目)
・スコップ
・バケツ

川砂をフルイに
ザザ~!

薄く万遍なく撒きます
フルフル!フルフル!

フルイに残った大粒の砂は

バケツに処分しましょう
バサッ!

仕上がりはこんな感じ

ポイントは
抜いたコアとおよそ同じ量を撒くこと

目土を入れすぎると、芝生面が高くなってしまうので気をつけましょう😅

コアリングの時期

コアリングに適した時期っていつなの?

と気になっている方いるのではないでしょうか

ズバリ!成長期ならいつでもOKです

とは言っても、重労働なので一番効果が出るときに作業したいですよね

そこで、おすすめの時期は芝生の萌芽が始まる頃

いわゆる更新作業の時期です

スパイキングに比べ、コアリングは芝生へのダメージが強いので、萌芽後の成長期が最適です

他の更新作業と併せてコアリングするといいですね…ムフムフ😊

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生をコアリングで土壌改良する方法をご紹介しました😃

ポイントは
1.コアリングは手間が掛かるもののスパイキングより効果が高い
2.道具は、固い土ならタインエアレーターがおすすめ
3.コアの片づけはレーキで行うが、面積の広い芝生はサッチングマシンがおすすめ
4.コアリングは芝生へのダメージが強いので、成長期に入る春の更新作業時期に行うとよい

スパイキング道具をお持ちの方も、時期や天候に合わせ使い分けられるので、コアリング道具を揃えることをおすすめします

芝生の土が柔らかければ、ホームセンターで購入できるコアリング道具で、土はサクサク抜けますが、固いとホントに抜けにくいです

ひどいと、踏み込むたびにタインを掃除することになります

とんでもなく時間が掛かることに…ふぇ~!

ご心配な方は、始めから土の抜けやすいタインエアレーターの購入をおすすめします

最後に
コアリングした後、芝生の上を歩いてみてくださいね

きっと柔らかくなった土を、足裏で感じることができるはずです

柔らかい土なら根もどんどん伸びて、いつまでも元気な芝生を維持できますよ😄

皆さん、ぜひ参考にしていただき誰もがうらやむ美しい芝生を育ててください🤗✨

参考に
どうやってもコアが抜けない時の対策を詳しく解説した記事はこちら
芝生エアレーション!固くて土が抜けないときの対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です