芝生の夏越し!気をつけること6選😃✨

真夏は、暑さで芝生が心配ですよね

上手に夏越しするため、気をつけるべきことがありますよ

さて
マイホームの芝生はいかがですか?

緑濃く生長して

むふ~!
順調😍

と、ウキウキしている方いるかと思います

でも、ちょっと待ってください!
真夏はこれからですよ

気をつけないと
暑さで、芝生は参ってしまうんです

ええっ!
じゃ、どうしたらいいの😱

と、心配になった方いるかと思いますが

大丈夫!
安心してください😄

手入れの時に、少し気をつければ
上手に夏越しできますよ

この記事では、芝生の夏越しに気をつけること6選をご紹介いたします🤗✨

夏芝も暑さに限度はある


芝生の適温は、25℃~35℃と言われています

暑さに強い日本芝であっても
真夏のダメージは想像以上

猛暑が続いたら
だんだん枯れ葉が混じり
芝生は元気がなくなってしまうんです…うへ~😰

黄色化したら、弱ってきた証拠

大切な芝生が、枯れてしまっては大変です

そこで
暑さによるダメージを少なくして
元気に夏越しさせましょう

真夏に気をつけること6選

1.刈り高を上げて芝生を強くする


管理する芝生の長さを決めたら
シーズンを通し、変えない方が良いのですが

猛暑の期間は
一時的に、刈り高を上げて管理しましょう

なぜなら
芝生は、長いほど強くなるから

長い葉は、より光を受けられるので
光合成が促進されるんです

でも、極端に長くしないでくださいね

なぜなら
軸刈りしてしまう可能性があるから

刈り高を上げるなら、一段くらいにしましょう…ムフムフ😊

芝刈りのキレイな仕上げ方を詳しく知りたい方はご覧ください↓
綺麗に仕上げる芝刈りの方法

2.水やりによるムレ


真夏は、誰でも水やりを思い浮かべると思います

水やりにも、気をつけることはありますよ

それは「時間帯」

真夏の水やりは
早朝、気温の上がる前か
夕方、気温が下がってから行いましょう

なぜなら
日中は、暑さでお湯のようになり
芝生がムレてしまうから

ムレた芝生は
黄化して、地際から枯れが出てきます

うへ~!
ションボリ😣💦

水やりは、時間帯に気をつけてくださいね

水やりについて詳しく知りたい方はご覧ください↓
芝生の水やりは時間帯と頻度が大切

3.水不足


真夏は、水分が不足しやすい時期

芝生は、体内の水分を守ろうと
葉を丸めます

見た目は、針金のようになり
チリチリした感じになりますよ

放置すると、枯れてしまうこともあるので

葉の丸まった状態を発見したら
タップリと水やりしてあげましょう

4.肥料焼け


真夏は生長期なので、葉や根を伸ばすため
たくさんの栄養を必要とします

おすすめの肥料は、化成肥料(8-8-8)ですが
真夏の肥料撒きは、気をつけなければなりません

なぜなら
暑い日は、肥料焼けが発生しやすいんです

特に、猛暑日はダメージが強いので
肥料撒きは避けましょう

なお
真夏に肥料を撒くときは
肥料焼けを防ぐため、必ず散水してくださいね

肥料撒きについて詳しく知りたい方はご覧ください↓
芝生の手入れ!肥料を撒く時期

5.除草剤は撒かない


真夏の芝生は、夏雑草がいっぱい

コニシキソウ
スベリヒユ
メヒシバ
オシヒバ
など

日差しを浴びて、夏雑草はどんどん生えてきます

どひぇ~!
除草剤を撒かなきゃ😣💦

と、慌てて除草剤を手に取った方は

ちょっと待ってください!

真夏の除草剤も 気をつけなければいけませんよ

芝生に適用あるといっても、真夏は大きなダメージを与えるんです

特に、猛暑日の芝生は弱っているので、除草剤は避けましょう

夏雑草の対策を詳しく知りたい方はご覧ください↓
芝生の手入れ!夏雑草を防ぐ方法

6.エアレーションはしない


本来、芝生を元気にするエアレーション

エアレーションの跡は、一時的に枯れますが
通常、2週間もすると元に戻ります

しかし
真夏に行うと、逆に弱ってしまうんです

なぜなら
暑さで弱っているところへ、根を切られるから

真夏は、エアレーションの適期ではありませんよ

暑さが落ち着くまで、エアレーションは避けましょう

エアレーションを詳しく知りたい方はご覧ください↓
初心者におすすめの芝生エアレーション!固い芝生を元気に復活させる方法

暑さに気をつける期間


梅雨が明けると、一気に気温は上がります

連日、猛暑ということも…うへ~😥

暑さのピークが過ぎるまで、我慢の日が続きますね

これは、芝生も同じ!

暑くなるのは梅雨明け後

そして
ピークを過ぎるのは、お盆の頃

日中は暑くても、朝晩は涼しくなりますからね

季節でいうと
二十四節気の小暑(7月上旬)から
大暑(8月上旬)まで

この期間を乗り切れば
シーズン後半はバッチリですよ😉

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生の夏越しに気をつけること6選をご紹介しました

ポイントは
1.高麗芝など、日本芝の適温は35℃まで
2.芝生は、長いほど強くなる
3.日中の水やりは、お湯を掛けるのと同じ
4.水不足は、針金になる
5.真夏は肥料を必要とするが、猛暑日には撒かない
6.猛暑日に、除草剤やエアレーションはしない

芝生は、梅雨を過ぎるとピークを迎えますが

シーズン後半の仕上がりは、真夏をどう乗り切るかで決まります

真夏の暑さで弱った芝生は
すぐに変化が現れるので

見逃さないよう
十分に観察してくださいね

真夏を乗り切れば、秋まで美しい芝生が楽しめますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、上手に夏越ししてください🤗✨

参考に
芝生を枯らせたくない方はご覧ください↓
芝生が枯れる原因と対策を詳しく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です