芝生の軸刈り再生方法😃✨

芝刈り機で深刈りすると軸刈りになるってご存知ですか

軸刈りの対処や再生方法を分かりやすくご紹介いたします

さて
天気もいいし久しぶりに芝刈りしようと気合を入れて
シャリシャリシャリ~!

終わってみると、なんと緑の芝生がなぜか白いということがありますよね

ありゃ!なんで?
と首をかしげた方いるのではないですか?

はい!
それは深刈りしたときに起こる「軸刈り」です

うへ~!
緑が消えちゃってビックリ!

どうしてよいか分からず頭はグルグル

右へ行ったり左へ行ったりアタフタしてしまいますよね

慌てる気持ちよく分かります😅

残念ながら、刈ってしまった芝生をくっつけることはできません

ここは後ろを振り返らず前を向いて対処しましょう😆

でもどうやって?
と心配になった方いるのではないですか

大丈夫!
キチンと対処すれば軸刈りは直りますよ

この記事では、軸刈りした芝生の再生方法を皆さんに詳しく解説いたします🤗✨

軸刈りとは

軸刈りは大きく2つのパターンがあります

1. 深刈りによる軸刈り

芝生の手入れに時間が取れないという方多いのではないですか

たまの休日も子供や自治会の行事が入りゆっくり芝生に向き合えない

やっとの思いで時間を作り、ようやく芝刈りという方

そんな方に多いのが深刈りによる軸刈りです

長く伸びてしまった芝生を

今後いつ芝刈りできるか分からないし、どうせなら思い切って短くしよう

と、つい深刈りしてしまうのです

結果、軸刈りとなり枕をビッショリ濡らすことになります😣💦💦

少し前置きが長くなりましたが
深刈りによる軸刈りとは、葉の下の軸いわゆる直立茎のところまで刈ってしまうこと

ちなみに軸(直立茎)とはここ

葉は緑色ですが軸は白い色をしています

芝生を伸ばしきると軸は5cmくらいまで伸びます

多くの方が芝刈り機の刈り高は2~5cmくらいに考えていると思いますので、そのまま刈れば当然軸刈りなってしまいますよね

2. デコボコによる軸刈り

芝生を張る時に目地へ目土を入れなかったり

目土入れにムラがあったりすると

芝生にデコボコ(凸凹)が出来てしまいます

そのような状態で芝刈りすると部分的に軸刈りが発生してしまいます

デコボコが大きいと地面まで削ってしまうことも…うへ~😱

具体的に軸刈りが発生するのは
凹(へこみ)を過ぎ、上り始めた時
凸(でっぱり)を過ぎ、下り始めた時

ちなみに、深刈りしなくてもデコボコの場合は軸刈りになります

そしてデコボコを直さない限り繰り返し何度も起こってしまいます

軸刈りの再生方法

1. 深刈りによる軸刈りの再生

深刈りした芝生の再生は大きく2つに分かれます

① 緑の葉が残っている場合

残っている葉を思い切って伸ばし、葉先だけ芝刈りを繰り返します

そのように管理を続けながら新たに立ち上がってくる葉が追い付いて一面緑になるのを待ちます

② 緑がなくなってしまった場合

新しい葉が地中から立ち上がってくるのを待つしかありません

なお、葉がないので光合成ができず新葉の立ち上がりには時間が掛かります

白く残っている軸を新葉が追い越さないと緑になりませんので残った軸を刈り取った方が早く緑になります

芝刈り機の刈り高を一番下げて地刈りしてリセットしましょう

2. デコボコによる軸刈りの再生

デコボコを直さない限り繰り返し軸刈りになります

この場合の軸刈りは部分的だと思いますので軸刈り部分に手を付けず、肥料や水やりしながら自然回復するまで待ちましょう

デコボコの修正は低いところ(凹)に目土を入れ平らにすることが基本となります

芝生の面を高くしたくない場合は、高いところ(凸)の芝生を剥がし高さを調整した上で新たに芝生を張りましょう

どちらにしても、デコボコの修正を行う時期は春の更新時期がチャンスです

更新作業で地刈りした際に修正するようにしましょう

参考に
デコボコの修正を行うチャンスの更新作業を詳しく解説した記事はこちら
スタート時期が大切!芝生の更新作業で芽吹きを早めよう

軸刈りが回復するプロセス

軸刈りになった芝生はどのように回復していくのでしょう

生長点から下を切られる、つまり直立茎の部分を切られると伸びることはできません

そのため、上への成長を止められた芝生は生存本能から横へ伸びようとします

根と直立茎の節部分からほふく茎を出し、地表面に近い土の中を横へ伸び直立茎を出して新しく葉を付けます

この繰り返しにより緑が増えます

芝生を全体的に見ると、白い軸の中に新しい緑の葉が混じってくる感じです

段々と緑の割合が増えて最後は白い軸は見えなくなります😄

軸刈りが回復する期間

軸刈りは直るまでどのくらいの期間が掛かるのか気になるところですね

芝生は春の芽吹きから夏が終わる頃まで成長期になります

成長期には次々とほふく茎を出し直立茎も立ち上げますので回復は早いです

肥料や水やりを適切に行えば1ヶ月ほどで緑は戻るでしょう

しかし、成長期を過ぎた秋以降は成長が鈍化しますので、この時期に軸刈りをしてしまうと残念ながらシーズン中の回復は見込めません

今シーズンはそのままに、春の更新作業でリセットして来春から再スタートしましょう🙂

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、軸刈りした芝生の再生方法をご紹介しました

ポイントは
1.軸刈りの原因は2パターン(深刈りとデコボコ)
2.再生方法は葉が残っている・いないにより異なる
3.残った軸から葉は出ない
4.秋以降の軸刈りは回復が困難

誰でも綺麗な芝生にしようと思って芝刈りするものです

それなのに緑が消えたらガッカリですよね

軸刈りされた芝生はダメージを受けますが、軸刈りした方も後悔からメンタル的にダメージを受けます…ショボン😣💦

一番いいのは軸刈りをしないこと

芝刈りする前にこの記事を思い出してください

きっと軸刈りを防ぐことができますよ😉

皆さん、ぜひ参考にしていただき緑いっぱいの芝生を育ててください🤗✨

参考に
上手に刈る方法を詳しく解説した記事はこちら
綺麗に仕上げる芝刈りの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です