芝生エアレーション!固くて土が抜けないときの対策😃✨

固い土が抜けなくてコアリングを諦めていませんか

対策を取れば、土(コア)は抜くことが出来ますよ

さて
マイホームの大切な芝生

最初のうちは元気でも、数年経過すると段々元気がなくなってしまします

うへ~!
ションボリ😖

でも、これは誰もが経験し感じることですね

元気がない時の手入れとして、エアレーション作業があります

エアレーションとは、床土に穴を空け通気性・通水性を向上させる作業のこと

おおっ!
そりゃいいや、さっそくやってみよう

と、慌てて道具を購入しエアレーションする方多いですね

ところが
気合を入れて始めたものの

土が固くて刃が入らなかったり、土(コア)が抜けなかったり

なかなか作業が進まず

んがぁ~!
やってられん😣💦

ポーンと、道具を放り投げてしまった方いるのではないですか

でも、ちょっと待ってください

このまま放っておくと、芝生はスカスカになってしまいます

皆さん、まだ諦めるのは早いですよ

対策を取れば、土は抜けるようになるんです

この記事では、芝生エアレーションで固い土が抜けないときの対策を詳しくご紹介いたします🤗✨

芝生の土が抜けない原因

芝生のエアレーションで刃が入らない、土(コア)が抜けない という経験した方たくさんいると思います

その理由は土が固いからです

はぁ?
そんなことは分かってるよ!

とお叱りをいただきそうですが、土の固い原因は何だかご存知でしょうか

マイホームの土が固い原因を把握しておくのは、とても大切なことです

ここでは主な原因をご紹介しましょう😊

1. もともと土(コア)が抜けにくい土質である


マイホームの土質が分からない方多いですね

・建売住宅を購入した時、芝生が張ってあったので分からない
・庭造りはハウスメーカーに任せちゃったから分からない
・造園会社が入れた土なので分からない
などなど…

ご自宅の土について、詳しくご存知の方はホント少ないです

土の性質いわゆる土質は様々で、粘性土・砂質土・砂・礫質土などに分かれます

皆さんのマイホームは、どの種類に該当するでしょう

土質により、エアレーションの作業効率は大きく変わりますよ

砂質土や砂であればサクサクと土が出てきますが、厄介なのは粘性土!

粘り気があって、円筒状の刃いわゆるタインの内側にくっ付きやすいんです

踏み込む度に、タインを掃除することになってしまうんです…うへ~😱

2.踏み圧で固く締まっている


芝生は子供たちにとって最高の遊び場です

サッカーをしたり、鬼ごっこしたり色々なことをして遊んでいますよね

芝生の上に立つと、子供たちは遊び方を無限に思いつくのかもしれません

来る日も来る日も乗られては、芝生だってカチカチに固くなって当たり前ですね

一方で、芝生の上を駐車場にしている方もいるのでないでしょうか

車の重さって、2tくらいありますよね

どひぇ~!
重っ😣💦

カチンカチンになって、刃が入らないのは当然ですね😅

固い土を抜くための対策

1. スパイキングを継続して行う

芝生エアレーションは、コアリングのほかにフォーク状の刃を刺すスパイキングもあります

スパイキング道具

コアリングと違い土(コア)を抜く必要がないので、固い土でもエアレーションは可能です

スパイキングにより刃を刺し続けることで、土もほぐれ柔らかくなっていきます

さらに、通気性・通水性が向上し、段々と土の団粒化が進んでいくんです

コアリングで土を抜けるように、スパイキングを継続して行いましょう😉

2. 有機質肥料を継続して投入する


芝生の肥料に、化成肥料を投入している方多いのではないでしょうか

肥料効果が高く、手軽に購入できるのでおすすめです

しか~し!
化成肥料ばかり使用していると、土が痩せて固くなってしまうことをご存知でしょうか

なぜなら、微生物が必要とする微量要素が不足してしまうから

化成肥料は、チッソ・リン酸・カリを原料とした無機質肥料で、芝生は直接吸収します

一方で、芝生用有機肥料や発酵鶏ふんなどは、チッソ・リン酸・カリを原料とした有機質肥料です

有機質肥料は、微生物に取り込まれ、無機質に変化してから芝生は吸収します

この過程で、微生物の排出する成分が土を団粒化させ、土は柔らかくなるのです

土を抜きやすくするには、化成肥料だけでなく有機質肥料も継続して与えるようにしましょう

3. 密度を上げる

コアリングで土を抜くために、密度を上げましょう

はぁ?
密度が上がらないからコアリングするんじゃん!

と、お叱りをいただきそうですが😅

言いたいことは、芝刈り・施肥・水やりなどで、出来る限り密度を上げてほしいということ

なぜなら、芝生の密度が高く根の混んでいる方が
円筒状の刃(タイン)の内側の滑りが良くなり、土が抜けやすくなるから

芝生の密度が上がるほど土は抜けやすくなりますよ😄

タインエアレーターを使ってみる


固い土を抜くために、道具も対策を取りましょう

市販のコアリング道具を使って諦めちゃった方多いのではないでしょうか

市販のコアリング道具

私も諦めちゃった一人です…エヘヘ😅

藁にもすがる気持ちで、口コミの評価が高い「タインエアレーター」を使ってみたら

なんと
ご覧のとおり

むふ~!
土がサクサク抜けるんです😍

でも、ここで注意してほしいのは土壌の変化があったからこそ

購入直後は、タインエアレーターでも土は抜けなかったんです

ションボリ諦め掛けましたが😥

土壌対策を継続した結果、嬉しいことに土が抜けるようになりました😄

ちなみに
残念ながら、今でも市販のコアリング道具では土が抜けません

試しに両方でエアレーションしてみると

結果はご覧のとおり
左:市販のコアリング道具 右:タインエアレーター

しかし、タインエアレーターを使い続ければ、市販の道具でも土が抜けるようになると思っています

その時は、皆さんに改めてご紹介しますね🤗

土(コア)が抜けるようになるまでの期間

対策を取り続けたら、どれくらいの期間で土が抜けるようになるの?

と疑問に思った方いるのではないでしょうか

土が抜けるには、土壌の変化が必要です

微生物が有機物を取り込み、排出する成分が土を団粒化させるので、土壌の変化には時間が掛かります

ちなみに
我が家は粘土質で、土が抜けるまで約2シーズン掛かりました

時間は掛かりますが継続は力ですね…ムフムフ😊

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生エアレーションで固い土が抜けないときの対策をご紹介しました😃

ポイントは
1.厄介な土は「粘性土」
2.土が抜けるように土壌対策を行う
3.道具対策として「タインエアレーター」を使う
4.土壌の変化には時間が掛かる

固くて土が抜けない時に、最も大切なことは諦めないこと

いつかはコアリングで土を抜くぞ!

という強い気持ちを持ち続けてください

芝生一面に抜けたコアを見ると、きっと達成感を得られますよ😄

皆さん、ぜひ参考にしていただき、美しいカーペットのような芝生を育ててください🤗✨

参考に
重労働のエアレーションを短時間で終わらせる方法を詳しく解説した記事はこちら
ガーデンスパイクで芝生エアレーション時間を1/5に短縮する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です