おすすめ記事
芝生の目土入れを分かりやすく解説😃✨

芝生の目土入れしていますか

目土を入れると、芽吹きが促進され美しい芝生になりますよ

さて
友人や知り合いに聞くと、目土を入れたことないっていう方多いですね

・芝生の生長が遅い
・デコボコを直したい

と、悩んでいる方に
目土入れはおすすめなんです

想像以上に効果は大きく、みるみる元気になりますよ

しかも
目土と簡単な道具さえあれば、誰にでもできるんです

生長は早まるし、平らにできたりと
結果に満足できますよ😉

この記事では、芝生の目土入れを分かりやすく解説いたします🤗✨

目土入れの効果

春の芽吹きを早める


春に目覚めた芝生は
ランナー(ほふく茎)を伸ばし、直立茎を立ち上げます

目土に覆われたランナーは伸びやすく、分けつも積極的に行います

芝生が動き出す頃に目土入れすると、芽吹きは早まりますよ

芝生を平らにする

芝生の
・デコボコ
・水たまり
に悩んでいる方多いのではないでしょうか

ほとんどの場合、張り替えしなくても
目土入れで改善できるんです

デコボコが大きいからといって、一度に大量の目土は入れないでください

目土は、厚く入れるのではなく、薄く入れます

数回に分けて、平らに直していきましょう

一度に撒く量は、葉が隠れないくらいに

具体的には、1~2mm厚を目安に撒くと良いですね

目土入れの材料

川砂

水はけが良いので、ポピュラーな「川砂」

川砂は、大きな河川の川底に堆積された砂のこと

水に洗われ、角が取れ丸い粒で
サラサラしています

山砂

山砂は、山を切り崩して採取した砂のこと

川砂に比べ、粒度のバラツキがあります

保水性は高く、黄色い色をしています

山砂

芝生の目土

目土用に、粒度調整された袋売りのもの

数種類の土がブレンドされていて
生長を促すという点から、とても適しています

ホームセンターでも、様々な商品を購入できますので
特徴を把握して、自分で気に入った目土を使用してもいいですね…ムフムフ😊

芝生の目土

目土入れの方法

目土入れの方法を、ご紹介します

用意する道具はこれ

・フルイ
・バケツ
・スコップ
・一輪車

使用している材料は「川砂」

市内の建設業者さんから、直接購入もできますよ

大量買いできて、とても安価に購入できるんです

袋売りの1/10くらい…エヘヘ😅

さっそく購入を考えた方いるかと思いますが

袋売りの商品と違い
雑菌や雑草の種が混じっていることは、覚悟してくださいね

使用後は
殺菌剤や除草剤を撒くことをおすすめします

さて
話しを戻して

始めに、掃き掃除

目土入れの前に、枯れ葉やゴミをキレイにします

サッ!サッ!サッ!

スコップで川砂を
ザクッ!

フルイは、細目を使用します

川砂を入れたら
ふるふる!ふるふる!

薄く撒きます

フルイを通らなかった大粒は、バケツに
ザザ~!

芝刈り機を傷める原因になるので
フルイに残った大粒は、使わず処分します

仕上がりは、こんな感じ

ムフムフ!
ランナーの伸びや、葉の立ち上がりが
促進されそうですね😄

まとめ


いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生の目土入れをご紹介しました

ポイント
☛ 落ち葉やゴミを掃除してから、目土を撒く
☛ 葉が隠れないように、うすく撒く(1~2mm厚)
☛ 建設業者から購入する川砂は、雑菌や雑草の種が含まれている
☛ フルイは、細目を使用する
☛ フルイに残った大粒は、芝刈り機を傷める原因になるので処分する

目土入れは、時期の制限はありませんが
シーズンインとなる春先が効果的ですよ

春の目土入れは、芽吹きを早め
シーズン全体の生長に、大きく影響するんです

芝生が伸びてしまうと
デコボコは分かりにくくなるので

春の更新作業時期は、一番のチャンスですよ

これまで経験のない方は、ぜひ目土入れをやってみましょう

きっと、フカフカな芝生に育ちますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、楽しい芝生ライフをお過ごしください🤗✨

参考に
春の更新作業を詳しく知りたい方はご覧ください↓

春の手入れを詳しく知りたい方はご覧ください↓

 

 

 

川砂
産地 静岡県産
0-1mmの細かな砂
保水性に優れ、芝目に入り込みやすく不陸整正に適しています
乾燥品なので、到着後すぐに使用できます
まとめ買いにいいですよ↓

 

 

 

山砂
産地 長野県南木曽町周辺
出荷時は湿った状態です
砂利をほとんど含まず、泥分も少なめ
水はけの悪い庭や花壇土の改良、園芸用土などに適しています↓

 

 

バロネス 芝生の目土
通気性・水はけを良くする富士砂と根はりを良くする焼黒土がバランス良く配合された目土
さらさらの顆粒状なので、土が固くなりません
青々とした丈夫な芝生が生育しますよ↓

 

 

フルイ
目土入れは、均等に撒くことのできるフルイが便利
ステンレス製のサビないフルイがいいですよ↓

 

 

バケツ
サイズ 外径300×高さ305mm
底径 260mm
容量 13ml
材質 18-8ステンレス
使い方いろいろ、保存用にも使えます
別売りのふたは、ピタリと合いほこりなど入りません
ステンレス製なので、耐久性はバッチリですよ↓

 

 

スコップ
すくい部 幅×長さ 78mm×134mm
柄の長さ 100mm
材質 ステンレスSUS304(銅含有)
菌ステンレスで、素材自体に抗菌性を持っています
銅のイオン効果による作用を利用しているため安全です
先端形状の工夫により、粉等のすくい・容器への移し変えに最適↓

 

 

一輪車 2才
床土改良の際、床土や資材の運搬は重労働です
剥がした芝生の運搬にも使えて便利なんです
これ1台で、芝生の手入れが楽になりますよ↓

 

 

シルバーシート
サイズ 約2.7mx3.6m
#3000のブルーシートより数倍も丈夫!超厚手#4000 UVシルバーシート
UVコーティングした高耐候性なので、紫外線による劣化を防ぎます
使いやすいサイズですよ↓

 

 

手ぼうき
サイズ 長さ約72cm
丈夫で長持ち、外回りに使えます
タイルやアスファルトまで簡単お掃除できますよ↓

 

 

手箕
取って付きで、使いやすさアップ
コンパクトタイプなので、片手で使えて塵取り代わりにも使用できますよ
落ち葉拾いの作業を負担軽減します↓

 

 

膝当て
サイズ (約)17×6×24cm
重量 (約)85g(1個あたり)
個装サイズ (約)20×35×11cm
個装重量 (約)130g
クッション材でひざをガードし、ひざの曲げ伸ばしが楽々
取り外しもワンタッチ、面テープ付ですよ↓


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事