芝生の手入れ!目土入れを分かりやすく解説😃✨

芝生の目土入れは成長を促す大切なお手入れです

友人や知り合いに聞いてみると目土入れをしたことないっていう方多いですね

マイホームに芝生を張ったけど、成長が遅いデコボコを直したいと悩んでいる方いるのではありませんか?

誰でもフサフサな芝生で子供たちやペットを遊ばせたりバーベキューしたり色々と楽しみたいですよね

目土入れは目土と簡単な道具があれば誰でもできますよ

芝生の成長を促進したりデコボコを平らにできたり良いこと一杯です😉

皆さんも目土入れでフサフサな芝生を育ててみませんか

この記事では、芝生をグングン成長させる目土入れを分かりやすく解説いたします🤗✨

目土入れの効果

1. 春の芽吹きを早める


春に目覚めた芝生はランナー(ほふく茎)を伸ばし直立茎を立ち上げます

目土でランナーを覆うことで成長が促進され、芽吹きが早まります

2.芝生を平らにする

芝生にデコボコや水の溜まる低いところがある場合、目土を入れて平らに直すことができます

一度に大量の目土を入れるのではなく数回に分けて直していきます

撒く量は薄く葉が隠れないように撒きますが、具体的には1~2mm厚を目安に撒くと良いです

目土入れの材料

1. 川砂

水はけが良い点から目土としてポピュラーな川砂

川砂は大きな河川の川底に堆積された砂のことです

水に洗われ角が取れ丸い粒でサラサラしていることが特徴

2. 山砂

山砂は山を切り崩して採取した砂のこと

川砂に比べ粒度のバラツキがあります

保水性が高く黄色い色が特徴です

3. 芝生の目土

目土用に粒度調整された袋売りのもの

数種類の土がブレンドされており成長を促すという点からとても適しています

ホームセンターなどでも様々な商品を購入できますので特徴を把握して自分で気に入った目土を使用してもいいですね

目土入れの方法

用意する道具はこれ

・フルイ
・バケツ
・スコップ
・一輪車

目土入れに使用している材料は「川砂」です

私は市内の建設業者さんから大量買いしているので
とても安価に購入しています

袋売りの1/10くらい…エヘヘ(^^;

さっそく購入を考えた方もいるかと思いますが、袋売りの商品と違い雑菌や雑草の種が混じっていることは覚悟してください

使用後は殺菌剤や除草剤を撒くことが必要になります

さて
話しを戻して

目土入れの前に
枯れ葉やゴミをキレイに掃き掃除
サッ!サッ!サッ!

川砂をスコップで
ザクッ!

フルイは細目を使用します

川砂を入れたら薄く
ふるふる!ふるふる!

細目を通らなかった大粒の砂はバケツに
ザザ~!

芝刈り機の刃を傷める原因になるのでフルイに残った大粒の砂は使わずに処分します

仕上がりを見ると

ムフムフ!
葉の立ち上がりやランナー(ほふく茎)の伸びが促進されそうですね😄

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、芝生の芽吹きを早める目土入れをご紹介しました😊

ポイントは
1.落ち葉やゴミを掃除してから目土を撒く
2.薄く葉が隠れないように撒く(1~2mm厚)
3.業者から購入する川砂には雑菌や雑草の種が含まれている
4.フルイは細目を使用する
5.フルイに残った大粒は芝刈り機の刃を傷める原因になるので処分する

目土入れを行う時期はシーズンインとなる春が効果的で、芽吹きを早めシーズン全体の成長にも大きく影響を与えます

成長期に入りフサフサしてくるとデコボコの修正が難しくなるので、春の更新作業時期が一番のチャンスです

これまで経験したことがない方も目土入れにチャレンジしてみませんか

きっとフカフカな緑濃い芝生に育ちますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき楽しく芝生ライフを過ごしてください🤗✨

参考に
春の更新作業を詳しく解説した記事はこちら
スタートが大切!芝生の更新作業で芽吹きを早めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です