芝生が枯れる原因と対策を詳しく解説😃✨

芝生が枯れる原因をご存知ですか

原因を突き止め対策を取れば、芝生は復活することができますよ

さて
マイホームに芝生を張って、ホッと一安心

と思ったら
数か月後には、枯れてしまった経験のある方いるのではないでしょうか

まったく手入れしていないなら、諦めはつくかもしれませんが

キチンと手入れしてきた方は

んがあ~!
愛情込めて手入れしたのにぃ😣💦

と諦めることできませんよね

もと通り、元気な芝生に戻したい

と思っても
原因が分からなくて、右往左往してしまうものです

お願いだから、誰か教えてくり~!
という気持ちではないでしょうか😅

でも、安心してください!
芝生は、想像以上に強い植物なんです

枯れた原因を突き止め、正しく対策を取れば
必ず復活できますよ

この記事では、芝生が枯れる原因と対策を詳しく解説いたします🤗✨

原因の突き止め方と対策の取り方

芝生は、健全な状態なら綺麗な緑色ですが、枯れると稲わら色になってしまいます

芝生が枯れる原因は一つではありません

まずは原因を突き止めましょう

しっかり芝生を観察し、変化や特徴を見つけることが大切です

ジロジロ観察していると、何かしら見えてくるものですよ

原因を特定できたら、症状に応じて必要な対策を取ります

ただし
原因が特定できない場合は、可能性の高い順に対策を取っていきましょう🙂

主な枯れる原因と対策

芝生が枯れる原因は色々ありますが、主な原因とその対策についてご紹介いたします

1. 冬枯れ

日本芝は、冬に枯れます

日本芝とは、高麗芝・姫高麗芝・TM9・野芝のこと

気温が下がる秋に眠りにつき、春暖かくなると目を覚まします

休眠中の葉は、稲わら色に枯れますが、春には新しい葉が伸びてきます

日本芝の冬枯れは、自然現象なので心配することはありませんよ

参考に
休眠した芝生が緑になる時期を、詳しく知りたい方はご覧ください↓
冬枯れした芝生が緑になる時期を考える

2.猛暑

芝生に適した気温は、35℃までと言われています

猛暑により、ダメージを受けると
芝生は弱り、段々と枯れてしまうんです

猛暑を乗り切れるよう、早朝や夕方
気温の上がる前や下がってから、散水しましょう

また
芝生を長めに管理し、光合成を促進させることでダメージを抑えることができますよ

二十四節気の小暑(7月上旬)から、大暑が終わる頃(8月上旬)まで
一時的に刈り高を上げて、夏越しすると良いですね

3.水不足

夏は、水分の不足が発生しやすい時期

不足すると、水分の蒸発を防ごうと、葉を丸めます

針金のように細くなった芝生は、段々と枯れていきます

放っておくと、全面枯れてしまうこともありますよ…うへ~😱

葉の丸まる現象が現れたら、直ちに水やりしてください

その後は、水切れしないよう
早朝の気温が上る前に、タップリ散水してあげましょう

4.病気

芝生の病気は、ラージパッチ(葉腐病)・葉枯れ病・さび病など様々です

ラージパッチ

病気の多くは、梅雨や秋雨の頃に発症し
一度発症すると、同じところに繰り返し発症するんです

葉の倒れ込み現象が出たら、初期段階なので要注意

病気の種類に応じて、適用した殺菌剤を散布しましょう

5.食害

芝生に、ポッカリ穴が空いていたら要注意

コガネムシの穴

放っておくと、害虫が産み付けた卵が孵化し、大切な芝根を食べられてしまいますよ

一度の産卵は20~30個

何度も産卵するので、トータル100~200個を産み付けます

大量に幼虫が発生すると、大きな被害になります

食害でマダラに枯れてしまった芝生

残念ながら
写真の食害は、シーズン中に完治できませんでした…ションボリ😣💦

害虫が開けた穴を発見したら
殺虫剤を散布して、大量発生を防ぎましょう

参考に
害虫対策を詳しく知りたい方はご覧ください↓
画像でわかる芝生へのスミチオン乳剤の使い方

6.肥料焼け

芝生の肥料として、化成肥料があります

窒素成分の影響で、化成肥料が付着すると芝生は枯れます

肥料を撒きすぎると、全面枯れてしまうこともあるので気を付けましょう

また、猛暑は肥料焼けしやすいので、避けるようにします

肥料焼けした時は、たっぷり散水して、肥料を洗い流してあげましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生が枯れる原因と対策をご紹介しました😃

ポイントは
1.枯れる原因は一つではない
2.枯れる前の小さなサインを見逃さない
3.原因不明なら、可能性の高いものから対策を取っていく

芝生が枯れる原因を知っていれば、いざという時に正しい対策が取れます

知識があると、心に余裕が生まれ不安もなくなりますね…ムフムフ😄

芝生は、枯れてから対策を取るのは大変なので
症状の出始めた時点、いわゆる初期段階で対策を取りましょう

芝生は、根が残っていれば復活できる強い植物ですが
あまりに症状がひどいと、復活にワンシーズン以上掛かったり、枯れて戻らないこともあります

症状により、張り替えた方が早い場合もありますので
状況を見て判断してください

芝生は、早期発見とキチンとした対策で
イキイキした芝生に戻すことができますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、緑濃い芝生を復活させてください🤗✨

参考に
密度下がり裸地化する芝生を詳しく知りたい方はご覧ください↓
段々と芝生がスカスカになる原因と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です