おすすめ記事
ストップ!芝刈りしてはダメな4つのケース😃✨

芝刈りしてはダメなケースがあることご存知ですか?

無理して芝刈りしないでくださいね

なぜなら、芝生にダメージを与えちゃうから

さて、芝生の手入れで欠かせないのは芝刈りですよね

芝刈りは密度を上げる特効薬

刈るほどに美しくなるので、芝刈り回数は多いほどいいですね

むふ~!
毎週、刈ってるよん😁

とニヤリとした方いると思いますが

でも、ちょっと待った!

芝刈りしてはダメなケースがあることをご存知ですか?

無理して芝刈りしたら、ダメージを与えちゃいますよ

とはいえ、そんなこと考えたことないよ!

という方いると思いますし

芝生を張って間もない方は、分からなくて当たり前ですよね

どんな時ダメなの?とか

ダメージってどれくらい?とか

色々考えちゃいますよね

でも、大丈夫!

難しく考えることはありません

芝生歴17年の芝生パラダイスが、芝刈りしてはダメな4つのケースを分かりやすくご紹介いたします🤗✨

 

※2018年12月13日に公開した記事ですが
芝刈りしてはダメなケース【芝刈り機の切れが悪いとき】を追加して
2020年07月13日
に再度公開しました

ストップ!芝刈りしてはダメな4つのケース

芝生の状態を見極めてから芝刈りしてくださいね

なぜなら、芝生を成長させるどころか弱らせてしまうから

自分の都合より、芝生を優先して考えてあげましょう

こんな状態のときは芝刈りしてはダメ!という4つのケースをご紹介いたします

 

芝生が弱っているとき

芝生が弱っているときは芝刈りしないでください

いつも元気ならいいのですが、いろいろな原因から弱っていしまうこと多いですよね

例えば、芝生の病気や

ラージパッチ

害虫による食害など

コガネムシの幼虫

他にも猛暑や蒸れ、軸刈りなど、元気のなくなる原因は様々

こんな状態で芝刈りしたら、さらに芝生は弱ってしまいます

芝刈りはストップ!

まずは、芝生の弱った原因を突き止め、対策を取ってくださいね

芝生が回復に向かったら、たんまり芝刈りしてあげましょう…ムフムフ😊

 

芝生を張ったばかりのとき

芝生が根付くまでは、芝刈りしてはいけません

なぜなら、張ったばかりの芝生はとても繊細だから

根は伸びておらず、十分な栄養や水分を吸収することができないんです

芝刈りで葉を短くしてしまうと、光合成が促進されず生長は遅れてしまいますよ

まずは芝生をジロジロ観察

ちゃんと芝生が根付いていることを確認してから芝刈りしてくださいね

ちなみに、根付いた判断は、長さ約5cmで一面が緑になった頃

手で引っ張っても剥がれなければ、根付いた証拠です

さっそく芝刈りしてあげましょう

 

芝生が濡れているとき

芝生が濡れているときは芝刈りしないでください

なぜなら、仕上がりは悪いし手間も掛かるから

たとえば、雨が降った後や朝露で濡れているときなどです

濡れた状態の芝は葉がペタッとくっついていたり、ペシャンと寝ていますよね

こんな状態で芝刈りしても、刈り草が刃にくっ付いてしまいますし、均一の高さに刈れません

濡れた葉は、集草箱にもうまく入りません

結局、改めて掃除をすることになってしまいます

芝生が濡れていたら、芝刈りするべきではありませんね

 

芝刈り機の切れが悪いとき

芝刈り機の刃の切れが悪くなっているなら、芝刈りはしないでください

なぜなら、芝生の葉先が白くなり、景観は悪くなるから

刃の切れが悪いと、スパッと切れず

ちぎり取るようになってしまうんです

ギザギザになった葉先は、枯れて白くなります

何となく芝生全体が白く見えるのは、切れない芝刈り機を使ったせいですよ

そこで!

芝刈り機の簡易研磨をしましょう

切れ味は戻り、スパッと綺麗に刈ることができますよ

とはいえ、簡易研磨できない機種もありますよね

もし、刃を交換できるなら、新しい刃を購入してください

刃の交換もできないなら、残念ながら買い替えしかありません!

この際、思い切って刃研ぎのできる機種に交換してはいかがでしょうか

長く付き合う芝刈り機は、刃研ぎできるメンテナンス性の良い機種がいいですよ

おすすめの芝刈り機をまとめた記事がありますので参考にどうぞ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では芝刈りすべきでない4つのケースをご紹介しました

芝刈りするべきでないケース
➤ 病気・食害・猛暑・蒸れ・軸刈りなど、芝生が弱っているときはダメ
➤ 芝張り後、根付くまではダメ
➤ 濡れた芝生は、仕上がりが悪く手間も掛かるからダメ
➤ 芝刈り機の切れが悪いと、葉先が枯れて白くなるからダメ

良い状態の芝刈りは、仕上がりも綺麗ですし

スクスク元気に成長してくれます

一方で、悪い状態の芝刈りは、元気になるどころか

ダメージを与え、更に状態を悪化させてしまいます

芝刈りは、状態の良いときに行ってくださいね

とはいえ、週末しか芝刈りできない!という方多いのではないでしょうか

そこで!

時間のない方は、毎朝ジロジロ観察したり、こまめに週間天気予報をチェックしましょう

常に状態を把握できると、芝刈りは来週にしよう!とか、上手に判断できるようになりますよ

皆さん
ぜひ参考にしていただき元気な芝生を育ててください🤗✨

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事