おすすめ記事
芝生のミミズを駆除する方法😃✨

グニュグニュ気持ち悪いミミズは、芝生を荒らすので困りますよね

ミミズは益虫とも言われますが、駆除しないと美しい芝生は育ちませんよ

さて、どうしても欲しかった芝生のマイホーム

夢が叶い、緑鮮やかな芝生にウットリしている方いるのではないでしょうか…むふ~😍

でも、ちょっと待ってください!

ニンマリしている場合じゃありませんよ

フン塚で芝生が荒れていませんか😵


ほげぇ~!
ミミズのフン塚😨

ミミズは芝生のあちこちにフン塚を作るので困ったものです

盛り上がった土で、芝生は台無し…シュン😣💦

ミミズは駆除したいけど、気持ち悪いし方法も分からない・・・。

みんな、どうやって駆除してるのかなぁ?

とお悩みの方多いのではないでしょうか

でも、大丈夫!

この記事をご覧になれば、ミミズの駆除方法や生態が分かりますよ

芝生歴17年の芝生パラダイスが、これまで実践してきた方法を分かりやすくご紹介いたします🤗✨

芝生のミミズを駆除する方法

ミミズ駆除の方法は大きく2種類

殺虫剤を使用する方法と、サポニンを含む椿油粕を散布する方法です

殺虫剤シバラックMCでミミズを駆除する

ミミズ駆除の最も効果的な方法は、殺虫剤です

おすすめの殺虫剤はシバラックMC

芝生の土中害虫全般に効果があるので、同時にミミズ以外のコガネムシ幼虫なども駆除できて、一石二鳥なんです

使用方法は、散布液が土壌中に十分しみ込むようジョウロ等で1㎡当り1~2Lを散布してください

殺虫剤により、土の中でミミズは死滅します

死滅したミミズの姿を確認することはできませんが、フン塚は減少するので効果を確認することができますよ

ミミズは見るのもダメ!という方多いと思います

ミミズの姿を見ずに駆除できるので、苦手な方に殺虫剤はおすすめですね

椿油粕でミミズを駆除する

ペットを飼っている方は、殺虫剤に抵抗のある方多いのではないでしょうか

可愛いペットに、害はないか心配になりますよね

ペットは大切な家族

安全・安心な芝生で遊ばせたいのは当然のことです

そこで!

おすすめしたいのは椿油粕

椿油粕は、ミミズの嫌がるサポニン成分を含んだ有機質肥料です

子供たちやワンちゃんは、芝生の上でゴロゴロしたがりますよね

椿油粕は、農薬じゃないので安心なんです

ちなみに、椿油粕を散布したら水を撒いてくださいね

しばらく経つと、ミミズは地上に出てくるので、つまんで駆除しましょう

用意する道具
➤ 割りばし
➤ 紙コップ
➤ 紙袋

駆除が終わったら、割りばしと紙コップを紙袋に入れて、燃えるゴミとして出しましょう

ミミズが出てくると困るので、紙袋の口はよく結んでくださいね

おっと、忘れてはいけない!

椿油粕を使う際、注意することがあるんです

椿油粕に含まれる有効成分サポニンは、魚介類や水田のタニシに対し強い毒性があります

くれぐれも、水田や河川の近くで使用しないように注意してください

魚やタニシが可哀想ですからね🤗

 

 

ミミズを駆除する時期

ミミズを駆除する時期はいつが良いのでしょうか

卵の期間も含めると、ミミズは一年を通して土の中にいます

どうせなら、効果的に駆除したいですよね

ズバリ!
駆除するなら初夏

なぜなら、フン塚が増える時期だから

春に孵化したミミズがおおきくなってきた初夏と
産卵のため活発になる秋が効果的なんです

駆除を繰り返すことで、段々とミミズは減り、美しい芝生になっていきますよ

芝生にミミズが出てくるのはなぜ?

普段は土の中にいるミミズですが、芝生に出てくることがあります

でも、なんで出てくるの?
と気になる方いるかと思います

ミミズが出てくる理由は2つ

それぞれご紹介しましょう

雨が降ったあと

雨が降ると、よく道路でミミズを見ますよね

同じ理由で、雨が降ると芝生にも出てきます

なぜなら、雨が降ると土中の酸素量が減り、ミミズは呼吸が苦しくて逃げ出してくるから

雨が強いほど、ミミズは増えそうですね…うへ~😅

ちなみに、カエルも雨が降ると出てきますが、カエルは皮膚が乾くと死んでしまうので、雨を求めて出てくるんです

人間には分からないけど、ミミズはしかめっ面、カエルはニンマリ顔なんですね😅

猛暑のとき

真夏の暑い時に、アスファルトの上で干からびてるミミズを見ませんか

土の中なら日差しを受けず済むのに、なぜ地上に出てくるのか不思議ですよね

暑いんだから、わさわざ出て来なければいいのに!
と思っちゃいますよね

とはいえ、真夏は土の中も温度が上がるんです

ミミズは体温を調節する機能がないので、涼しい場所に移動しようと地上に出てきます

ところが、移動の途中に暑い日差しを浴びて、身動き取れなくなり、アスファルトの上で干からびてしまうんです

真夏に、芝生の上にいるミミズも同じ理由です

雨が降ったり、暑かったり

本来、土の中に住むミミズが地上にいたら、苦しがっている証拠だと覚えておいてくださいね…ムフムフ

ミミズの生態

気持ち悪いミミズを、あえて調べたいという方少ないですね

生態を知らない方、とても多いのではないでしょうか

とはいえ、芝生には必ずと行っていいほどミミズはいますので、手入れをする上で、生態を知っておくことは大切ですよ

秋はミミズの産卵時期

秋はミミズの産卵時期です

シーズン中、最もミミズ塚が増えるのは秋

産卵時期になると、ミミズは活発になるようです

ちなみに、ミミズは雌雄同体といって、オスとメスの両方の器官をもっています

とはいえ、産卵するには別のミミズの精子をもらわないと産めません

ミミズは、10~60個の卵を袋に包んだ状態で産卵します

春に卵は孵化し、3ヶ月くらいで大人になりますよ

秋に産卵を終えると、親ミミズは死んでしまうんです

ミミズの一生って、短いですね…ショボン😢

ミミズは何を食べてるの?

ミミズが何を食べるのか考えたことのある方、少ないのではないでしょうか

ミミズの食べ物はです

うへ~!
まずそう😨

と思った方いると思いますが、ミミズにとってはご馳走なんです

土の中に含まれる微生物や有機物を摂取しています

ちなみに、自分の体と同じくらいの量を食べる大食いなんですよ

ミミズが害虫と呼ばれるのはなぜ?

ミミズは、畑では益虫と呼ばれますが、芝生では害虫と呼ばれます

なぜなら、フン塚を作り芝生の美観を損ねるから

フン塚によって、部分的に芝生が枯れたりすることも、害虫と呼ばれる理由でもあります

フン塚の黒い点々は、芝生の魅力を消し去り、見ていてションボリですよね

落ち葉やゴミなら、掃除すればなくなりますが、出来てしまったフン塚は芝生が伸びてくるまで残ってしまいます

フン塚だらけになる前に、駆除することが大切ですね

ミミズがいるとモグラがやってくる

芝生にやってくるモグラに困っている方いるのではないですか

実は、モグラはミミズを求めてくることをご存知でしょうか?

モグラ対策のグッズは色々ありますが、餌となるミミズを駆除することも、モグラ対策になるんです

モグラが手に負えないという方は、ぜひミミズ駆除を試してください

きっと、餌のない芝生にモグラは見向きもしなくなりますよ…ムフムフ😊

ミミズは益虫でもある

ミミズは害虫と言われる一方で、益虫とも言われます

なぜなら、ミミズは土壌を良くしてくれるから

腐葉土などを食べて有機物を分解し、土を団粒化して排泄します

これにより微生物を活性化させ、植物にとって良好な環境を作るので益虫と呼ばれるんです

野菜は、土壌が良いとよく育つので、作物にとってミミズは益虫です

同様に、芝生を生長しやすい環境に変えてくれるので、やはりミミズは益虫ですね

とはいえ、排泄のときにフン塚を作るので困りもの

ん~!
皆さんにとって ミミズは益虫それとも害虫?

ミミズ以外の塚もある

芝生にある塚を見たら、ミミズと決めつけないでください

芝生に塚を作るのは、ミミズだけではないんです

ほげぇ~!
見分けがつかん😱💦

という方いると思います

でも、大丈夫!

手入れを重ねるうちに、塚の種類は分かるようになりますよ

とはいえ、芝生を張ったばかりの方いると思うので代表的な塚をご紹介しましょう

アリ塚

アリ塚は、アリが巣を作る過程でできたものです

ミミズのようにフンではなく、土・砂・松葉またはそれらの混合物から出来ています

ミミズ塚の粒は大きく、アリ塚は小さいので、粒の大きさで見分けるのがポイントですよ

 

コガネムシ塚

コガネムシ塚は、産卵のために成虫が掘った場合と、蛹が孵化して地上に出てくる場合にできます

真ん中に、ポッカリ穴が空いているならコガネムシの塚ですよ

コガネムシ塚を見つけたら要注意

ミミズやアリと違い、コガネムシが大量発生すると全体が枯れてしまうことがあるんです

コガネムシで芝生全体が枯れた様子

んがぁ~!
恐ろしい😣💦

皆さん、こうならないよう早めに対処してくださいね

ミミズの名前の由来は?

ミミズの名前の由来をご存知でしょうか

諸説ありますが、有力なのは

目がなくて見えない動物の意味から「メミズ(目不見)」が転じて「ミミズ」になった説

他にも、土の中にいるので日光を見ないことから「ヒミズ(日見ず)」が転じたという説もあります

由来にあるとおり、ミミズには目がありません

目がなきゃ、どっちが顔か分からん😣

と思った方いると思いますが

でも、大丈夫!

簡単に見分ける方法があるんです

ミミズには、首にマフラーを巻いたような環帯(かんたい)があります

環帯のある方が頭で、先には口がついていますよ

環帯は生殖機能の役割を持っていて

環帯をこすりつけあって精子を渡したり、卵を産む穴も空いているんです

まとめ

いかがでしたでしょうか

この記事では、ミミズの駆除方法や生態をご紹介しました

ポイント
➤ 駆除は、殺虫剤または椿油粕を散布する
➤ 駆除の時期は初夏と秋がベスト
➤ ミミズが地上に出てくるのは苦しいとき
➤ ミミズは土を食べ、微生物や有機物を摂取している
➤ ミミズはモグラを呼ぶ
➤ 芝生にある塚は、ミミズだけではない

ミミズは土を団粒化し、良質な土にしてくれるので、駆除するのは可哀想な気持ちになりますよね

とはいえ、フン塚を作って芝生の景観を悪くしたり、モグラを呼んだりする以上、やはり放置はできません

フン塚のない芝生は、とても美しく見えるものです

きっと、ミミズ嫌いの奥さんや子どもたちも、これまで以上に芝生を愛してくれますよ

芝生が美しくなるに連れ、みんなの笑顔も増えるから不思議なものです

フン塚がないと、芝生で過ごす家族の時間は増えること間違いありませんね

ぜひ参考にしていただき、美しい芝生を育ててください🤗✨

コメント一覧
  1. なべやす より:

    昨年秋頃からコガネムシ塚らしき個所がたくさんあり、芝生の成長の悪さを感じます。
    レインボー薬品のスミフェード粒剤があるので使ってみようかと思いますが、効果はありますか?

    • Oka0917 より:

      なべやすさん、いつも訪問ありがとうございます
      秋からコガネムシ塚が目立つとのこと
      芝生パラダイスも食害に苦しんだ時期があるので、心配な気持ちよく分かります
      さて、スミフェート粒剤ですが、有効成分は「アセフィート」で、植物は成分を根から吸収します
      成分を含んた植物を、害虫が食べると死滅します
      適用害虫は、芝生ではスジキリヨトウ・シバツトガ・タマナヤガとなっています
      コガネムシも、芝生の根を食べるので効果はありそうに思いますが、残念ながら適用害虫になってはいません
      せっかくのスミフェート粒剤なので、スジキリヨトウやシバツトガの予防対策として散布してはいかがですか
      コガネムシにも効果があったらラッキーというくらいの気持ちで!
      とはいえ、幼虫は冬眠中なので暖かくなって動き出すころに散布してくださいね
      ただし、コガネムシ対策は別に行う必要がありますよ
      おすすめの殺虫剤は、コガネムシ類も適用害虫になっている「スミチオン乳剤」
      有効成分は「MEP」で、触れることで駆除できる接触毒です
      ちなみに、1000倍稀釈液を1平米あたり3Lを土壌中にたっぷり散布します
      効果的な散布時期は、6~8月の産卵時期ですが
      どうしても心配なら、冬眠中のコガネムシ幼虫も駆除できるので、すぐに撒いてもかまいませんよ
      なべやすさんの芝生が、美しく育つことを心から願っています

      • なべやす より:

        ご教示いただき、ありがとうございます。
        さすが管理人さま、詳しくわかりやすいご回答です。
        今年で芝張り後、3年目です。
        密度の高い青々とした芝生に育ってもらいたいものです。
        スミチオンでコガネムシ対策をやってみます。

  2. 吉村 優 より:

    芝生ではありませんが、マンションの吹き抜けの1階部分に
    イトミミズが昨年夏ごろに大量に発生しました。
    予防のため、椿油粕(顆粒)を使用したいのですが効果があるのでしょうか?又、どの程度散布すればよいのでしょうか?
    誰か教えていただけますか?

    • Oka0917 より:

      ご訪問ありがとうございます(^^
      新型コロナウィルスの蔓延で、我慢の日々が続きますが笑顔は忘れたくないですね
      マンションにイトミミズが大量発生したとのこと
      イトミミズは細く小さいものの、団子状で動くさまを見ると、気持ち悪さに鳥肌の立つ方もいるのではないでしょうか
      芝生パラダイスも、ミミズは苦手なので駆除したくなる気持ち良く分かります
      さて、ご質問の件ですが
      質問①
      予防に椿油粕(顆粒)の効果はあるか?
      回答① 
      マンションの吹き抜けの1階部分は、具体的にどのような状況か分かりませんが、土の中と想像してお答えします
      結論として、効果の持続期間が短いのでおすすめしません
      なぜなら、水に溶けた天然サポニンは、紫外線により2〜3日で分解され、毒性は消えてしまうから
      効果の消えないよう、繰り返し撒き続けるなら別ですが…。
      とはいえ、切りもなく椿油粕を撒けるのか、また他の生物や環境に問題が生じないか心配です
      予防ではなく、発生したイトミミズの駆除に使用することをおすすめします
      一般に、イトミミズが大量発生する原因は、水辺かつ水質の悪い箇所と言われます
      もし当てはまるのであれば、水のない環境づくりや、清掃による水質改善が予防になりますよ
      質問②
      どのくらい椿油粕(顆粒)を散布すればよいか?
      回答②
      芝生に散布する場合は、散布量は1㎡当たり60~150g 約30分待ったら駆除です
      ミミズは地上に出てきて、逃げるように散らばります
      マンションが、ミミズだらけにならないよう注意してくださいね

      回答は以上です
      お住まいに問題があると、心配で悩みますよね
      だれでも、心穏やかに過ごしたいものです
      イトミミズに害はないといっても、見るだけでダメ!という方も多いと思います
      可哀想ですが、気持ちを整理できないのであれば、やはり駆除すべきですね
      ぜひ参考にしていただき、問題を解決してください
      吉田 優さんが、快適に暮らせるよう心から願っています
      芝生パラダイスより

コメントを残す

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事