芝生の害虫コガネムシ対策と駆除😃✨

芝生を枯らす害虫コガネムシの成虫や幼虫に困っていませんか

食害は対策や駆除により防ぐことができますよ

さて
マイホームに憧れの芝生を張り、日に日に青々する姿を見て

むふ~!
芝生の庭にしてよかったぁ😆

と喜んでいる方たくさんいるのではないでしょうか

芝生の成長を感じられると嬉しくて自然と笑みがこぼれますし、お手入れにも力が入りますよね

芝刈りや水やりなど汗を流しながらのお手入れも楽しく感じられるものです

しか~し!
思いもしない変化は突然やってきます😱

「あれっ!なんか芝生の元気ないなぁ?」

よく見ると芝生に枯れが混じっています

以来、伝染するかのように周りへ枯れが広がり、青々としていた芝生はまるで冬のような状態に

うへ~!
原因が分からず寝ても覚めても頭の中は芝生のことばかり😱

大切な芝生がそんな風になったらパニックになってしまいますよね

そんな悩みをお持ちの方いるのではないですか?

ひょっとしたら、原因はコガネムシかもしれませんよ

手入れをしているのにマダラ模様に枯れ始めたら、まずは食害を疑ってみましょう

この記事では、芝生のコガネムシ対策と駆除の方法を分かりやすく皆さんにご紹介いたします🤗✨

コガネムシとは

一口にコガネムシといっても大変種類が多く、日本に約300種類が生息していると言われています

コガネムシを漢字で書くと「黄金虫」です

名前の由来は、背中の殻が美しい色を帯びた緑色で金属のような光沢があることから

ちなみに
幼虫は土の中に住んでいて、俗に根切り虫(ねきりむし)や地虫(じむし)と呼ばれています

成虫は植物の葉を食べ、幼虫は芝生などの根を食べて成長するいわゆる害虫です

卵・幼虫・蛹(さなぎ)の3段階を経過する完全変態する昆虫で、コガネムシの寿命は孵化してからの期間を含め概ね1年です

コガネムシの最後は、メスは産卵後、オスは交尾後から段々と体が動かなくなり一生を終えます

コガネムシの一生

産卵【6~8月・産卵は一度に20~30個、トータル100~200個】
↓ (1~2週間)

1令幼虫【体長5mm・体は小さく食害の心配なし】
↓ (10~20日)

2令幼虫【体長10~20mm・芝生の根を食べ始める】
↓ (20日)

3令幼虫【体長20~30mm・食欲旺盛で食害も発生】
↓ (越冬)

蛹(さなぎ)【蛹になる時期は春】
↓ (1~2週間)

成虫【体長17~23mm・土に穴を掘って産卵】

コガネムシの食害による芝生の変化

芝生はコガネムシの食害を受けるとどのように変化していくのでしょう

皆さん、気になるところですよね

参考に
平成29年に我が家が受けた被害の写真を振り返って見てみましょう

2017.08.20㈰ この頃は綺麗な緑色です

2017.09.01㈮ 何となく葉色に変化が

2017.09.10㈰ うへ~!まだら模様に

2017.09.20㈬ すっかり色落ち…シュン!

2017.09.28㈭ ほげえ~!さらに広がってる

いかがでしたでしょうか?
写真を並べると変化がよく分かりますね😉

残念ながら、このように被害が大きくなるとシーズン中の回復は困難です…ションボリ😣💦

ちなみに
シーズンの終わりに撮った写真は

2017.11.20㈪

んがぁ~!
ヒドい😣💦

しかし、翌シーズン生え揃う頃には元通りに回復…ホッ😍

2018.05.11㈮

食害は景観を台無しにしてしまうので、芝生で幼虫が遊んでいたりポッカリ空いた穴を見つけたら対策を取りましょう😊

成虫の対策と駆除


コガネムシの成虫は植物の葉を食べるので、庭木などをよく見てください

葉に食べられた痕がある場合、成虫がいる可能性があり、すでに卵を産み付けているかもしれません

成虫の対策として
1.芝生の近くに成虫の餌になる広葉樹・針葉樹・果樹などを植えない
2.成虫は光に寄ってくるのでガーデンライトを付けない

など考えられますが、残念ながら上記対策を講じても完全には成虫を防ぐことはできません

どこからともなくコガネムシは飛んできます

芝生を全面シートで覆うことでもしない限り、コガネムシの産卵を防ぐことは困難です

成虫の駆除に労力を使うより、大きな被害をもたらす幼虫の駆除に力を注いだ方が現実的かつ効果的です

せっかくの芝生なので、樹木を植えたいしカッコいいガーデンライトも設置したいですもんね😁

幼虫の対策と駆除


芝生に大きな被害をもたらすのはコガネムシの幼虫です

大量発生するとアッという間に根が食べられ芝生は弱ってしまいます

幼虫対策には殺虫剤の散布が一番です

芝生がマダラ模様に枯れるなど食害が現れてしまっては時すでに遅し

体が小さい1・2令幼虫のうちに殺虫剤を散布しましょう

散布時期は産卵する6~8月頃が効果的です

ただし、芝生に穴が空いていたら既に産卵した証拠なので、その場合には穴を見つけ次第散布するようにしましょう😃

コガネムシに効果のある薬剤

1.スミチオン乳剤


【特徴】
発売以来約40年の実績があり効果や安全性の評価が高い薬剤
【内容量】
100g
500g
【適用】
コガネムシ類幼虫
シバオサゾウムシ
シバツトガ
スジキリヨトウ
【希釈倍率】
芝生1,000倍
【使用時期】
発生初期
【使用方法】
水で薄めて使用
コガネムシ類幼虫1平方メートル当たり3L
【使用回数】
6回以内

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生を枯らす害虫コガネムシの対策と駆除の方法をご紹介しました

ポイントは
1.芝生においては成虫より幼虫の駆除に力を注ぐ
2.幼虫対策は殺虫剤が一番
3.殺虫剤は産卵時期に散布すると効果的

大切にしている芝生がスカスカになったらガッカリですよね

誰もがいつまでもキレイに芝生を保ちたいと思うものです

コガネムシの被害に合わないためには、まずは芝生をよく観察することが大切です

・芝生に穴が空いていないかな?
・鳥たちが芝生に集まっていないかな?

気にしていると見えなかったものが見えるようになるものです

コガネムシの生態を理解して適切な対策と駆除を行いましょう

きっと被害を抑えることができますよ

今からコガネムシのしかめっ面が目に浮かびますね…ウッシッシ~😁

皆さん、ぜひ参考にしていただき食害のない美しい芝生をいつまでも楽しみましょう🤗✨

参考に
コガネムシに効果のある薬剤を詳しく解説した記事はこちら
画像でわかる芝生へのスミチオン乳剤の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です