芝生の手入れ!根切りの時期と方法😃✨

根切りの時期と方法をご存知でしょうか

適した時期・方法で根切りすると、とても効果があるんです

さて
リビングの窓から外を眺めると、一面に広がる緑の芝生

フサフサした緑濃い芝生を見ると、思わず外へ飛び出したくなりますね

ヨチヨチ歩きの可愛いお子さんも、裸足で大丈夫

フカフカが優しくて、転んでもケラケラ笑って楽しそう

芝生のある生活は、潤いや安らぎが得られ人生も豊かになりますね

ずっと今のままでいたい!
と、誰もが思うのではないでしょうか

しか~し!
芝生は経年劣化するんです

年数が経つに連れ、密度は下がり、あちこちに裸地が見えるようになります

裸地が見えると雑草が入り込みやすく、ますます荒れてしまうんです

どひぇ~!
じゃ、どうしらいいの?

と、心配になった方いるのではないでしょうか

ムフムフ!
でも、大丈夫!安心してください😊

「根切り」を行えば、芝生の劣化を防ぐことが出来るんです

ただし、根切りには適した時期・方法があります

キチンと根切りを行えば、効果を倍増させることができますよ

この記事では、芝生の元気を倍増させる根切りの時期・方法を詳しくご紹介いたします🤗✨

根切りとは

根切りとは、名前の通り、芝生の根を切る作業のことです

そんなこと分かってるよ!
と、怒られそうですが😅

でも、なんで根を切るのかご存知でしょうか

芝生は、根が伸び切ると成長が鈍化してしまいます

根切りにより、再び根が伸び始め、芝生の元気は戻ってきます

なぜなら、植物は傷つけられると生存本能が働き、生き延びようとするからです

芝生も根を切られると、生存本能から新しい根をどんどん伸ばしていくのです

根切りに適した時期

根切りはいつ行えばよいのでしょうか

高麗芝の場合、休眠している冬は活動しておらず、根の伸びもありませんので、根切りの適期ではありません

では、いつが適期なのでしょう

芝生が成長期の間、つまり2月下旬から9月一杯が適期です

でも、最も効果の高い時期はというと

成長期に入り根が伸び始める頃、つまり春の更新作業の時期です

更新作業の一環として根切りを行い、目土入れを行うと効果的ですね

根切りの頻度

根切りに回数の制限はありませんが、頻繁に行う作業ではありません

毎年1回、効果の高い春の更新時期に行えばよいでしょう

さらに
高いレベルで管理したいのであれば、夏の猛暑が過ぎた頃、
シーズン後半に向けて2回目の根切りを行うとよいですね🙂

根切りの方法

根切りには、どのような方法があるのでしょうか

具体的には、ターフカッターを使うスライシングとスパイキングや、
コアリングの道具を使うエアレーションがあります

根切りの厳密な意味としては、スライシングのことを言うのですが、
ここでは根を切るという意味でエアレーションも含めています

それぞれの方法をご紹介しましょう😉

スライシング


ターフカッターを使用して行う根切りです

おおよそ30cm間隔に、スジ状にカットします

写真のターフカッターJrの刃は
195mm×90mm

ちなみに
斜めに踏み込めば10cm以上の深さまで入りますよ

ターフカッターによる根切りは、とてもダメージが大きく、根切り部分の復活に時間が掛かります

シーズン中より、春の更新作業として行うことをおすすめします🤗

エアレーション

エアレーションによる根切りをご紹介いたします

スパイキングとコアリングの2種類があります

スパイキング


スパイキングはフォーク状の刃を芝生に突き刺し、根を切る方法です

最もダメージが少ないので、シーズン中の根切りにおすすめですね😄

参考に
スパイキングによる根切りの詳しい記事はこちら
初心者におすすめ固い芝生を元気に復活させるエアレーションの方法

コアリング


コアリングは円筒状の刃を突き刺し、土(コア)を抜き取り根を切る方法です

芝生へのダメージが大きく、目土入れも行う必要がありますので、
春の更新作業の一環として行うとよいですね🙂

参考に
コアリングによる根切りの詳しい記事はこちら
芝生エアレーション!コアリングで土壌改良する方法

根切りの注意点

芝生を張って、すぐに根切りをする必要はありません

なぜなら、十分に根が張っていないから

根切りして、張った芝生が剥がれてしまうこともありますので、しっかり根が張ってから行いましょう

目安としては3年目から!

このくらい経てば、芝生がめくれ反ることもないでしょう😄

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生の元気を倍増させる根切りの時期・方法を詳しくご紹介しました😃

ポイントは
1.根切りに最適なのは春の更新作業時期
2.根切りにより芝生の劣化を防ぐことができる
3.ターフカッターによる根切りは最もダメージが大きい
4.根切りは少なくとも年一回は行う
5.芝張りして、すぐに根切りは必要ない

芝生の手入れで、根切りをする方ホント少ないですね😅

芝生に元気がなくて悩んでいる方、ぜひ根切りにチャレンジしてみてください

きっと、これまでにない緑の芝生になりますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき誰もがうらやむ美しい芝生を育ててください🤗✨

参考に
短時間に根切りできる道具を詳しく解説した記事はこちら
芝生のスライシングはリョービ芝刈り機の根切り刃が簡単で便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です