サクッ!芝生の雑草を簡単に取れる草抜きニッパーの使い方😃✨

芝生に雑草はつきもの
季節によって生える種類は変わりますが雑草は1年通して芝生に生えています

雑草の成長はとても速いので
アッという間に大きくなり芝生の中に種を落とし増えていきます

うへ~!
次から次へと雑草が発芽するので日常的に雑草取りをしなければなりませんね😅

「そんな時間とれないよ!」
という方も多いのではないでしょうか

しか~し!
雑草を野放しにすると最後は手に負えない状態になってしまいます

種を落とされる前に退治するようにしましょう

「時間を掛けずキレイに雑草を取れないかなぁ?」
と思った方いるのではないですか?

そんな方に
この記事では、私が愛用している芝生に生える頑固な雑草を簡単に取れる草抜きニッパーの使い方を皆さんにご紹介いたします🤗✨

草抜きニッパーとは


特徴
・摘まんで根ごと引き抜ける
・少ない力で楽に摘まめる
・ステンレス製なので水洗いできる
材質
・本体 ステンレス特殊鋼
・ハンドル ポリプロピレン
重さ
・61g
寸法
・幅85×13×150mm

草抜きニッパーの使い方

芝生に生える頑固な雑草を手で抜こうとすると、途中でちぎれたりスッポ抜けて根だけ残ってしまうことがよくありますが

草抜きニッパーを使えばキレイに取ることができます

ニッパータイプなので雑草をピンポイントで狙うことができ、小さな雑草もキチンと取れますよ🙂

芝生には雑草だけでなくキノコも生えますが

茎の柔らかいキノコも根元からキチンと抜けます

使い方のコツは
雑草の根元にしっかり刺して摘まむこと
グイッ!

摘まんだら少し引き気味に上へ抜きます
サクッ!

むふ~!
途中で切れることもなく根までしっかり抜けます😍

ただし、ハサミ部分が波状で掴みやすい反面
抜いた雑草がハサミにくっ付いてしまうことがあります😱

もう一方の手で払い落とすことになりますので、手が汚れないよう軍手を着用して作業しましょう😉✨

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では、芝生に生える頑固な雑草を簡単に取れる草抜きニッパーの使い方をご紹介しました

結論として
草抜きニッパーを使えば簡単かつキレイに雑草を取ることができるのでおすすめです🤗✨

ただし
群生しているカタバミだけは草抜きニッパーで抜くのは厳しい(^^;

茎がとても細く地下茎がしっかり張っているので地上部の葉だけちぎれてしまうんです

カタバミだけは除草剤で駆除する方が現実的ですね😅

改めて
草抜きニッパーを使用して1年半
お手入れの時は必ず携帯して雑草を見つけたらサクッとやってます

今では面倒くさかった雑草取りがメチャメチャ楽しくなりましたよ😆

値段は何百円とお手頃なので、とってもおすすめ!

ぜひ参考にしていただき
皆さんも
草抜きニッパーで芝生ライフを楽しんじゃいましょう🤗✨

最後までご覧いただきありがとうございます

参考に
有機肥料を詳しく解説した記事はこちら
芝生の肥料に発酵鶏ふん!有機物投入で元気に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です