芝張りの方法!写真で分かりやすく解説😃✨

自分で芝生を張るのは不安ですよね

でも、安心してください!
難しくないので、誰でも張ることができますよ

マイホームが完成したら、いよいよ庭づくりですね

グリーンの芝庭は、みんなの憧れ

よ~し!
ウチもっ😆💦

と、気合いを入れた方いるのではないでしょうか

ん~!
でも、自分で張れるかなぁ😰

と、急に心配になった方もいるのでは?

でも、大丈夫!
安心してください

初めての方でも、芝生は張れますよ

業者さんにお願いすると
材料代だけでは済みません

広い面積でなければ
購入して、自分で張ってみませんか

やり直しもできるので
心配しないで、チャレンジしてみましょう

この記事では、芝生の張り方を分かりやすくご紹介いたします🤗✨

写真でわかる芝張りの方法

1. 春に芝生を張る

芝張りは、春がおすすめ

なぜなら
芽吹きの時期なので
夏に向かって、生育が旺盛になるから

具体的には、3~5月が適期

高麗芝や姫高麗芝は、夏が最盛期になりますので

春に植えると、根付きも良いのでおすすめなんです😊

2. ベタ張り

ベタ張りとは
芝生の間を開けず、ピタリ寄せて張る方法

すき間がないので、仕上がるまでの時間は少なくて済みますよ

並べ方は
将棋の盤のように並べるのではなく、交互に並べます

悪い例 ✕

これは
失敗して、翌年張り替えた時の写真…エヘヘ😅

良い例 ◯

交互に並べることで
目土が流れにくい効果がありますよ

芝生の並べ方は複数ありますが
ベタ張りは、最も量を必要とするものの

仕上がりは早く
雑草も生えにくいので、おすすめなんです😄

3. 目土入れ

芝生を並べ終わったら、目土を掛けます
フルイは、細目を使い
万遍なく、うすく撒きましょう

サッサッサッ!

材料は、「川砂」をおすすめしますが

ホームセンターで購入できる
芝生用の目土でも問題ありませんよ

広い面積なら
建設業者から、まとめ買いすれば
安く購入できます

だだし
購入の単位は
・t単位
・トラックの荷台に1杯や半分など

値段は、川砂で3,000円/tくらい

トラックで運んでくれて
ドサッと下ろしてくれます

下に敷く、ブルーシートは用意してくださいね

ドサッ!

さて
目土を掛け終わったら、次に目地に目土を入れます

目土入れの効果は
・並べた芝生が動きにくくなること
・芝根が横に伸びやすく、根付きが良くなること

作業は、プラスチック製の箕を使うと早いですよ

日が暮れちゃうので
スコップではなく、箕を使ってくださいね…ムフムフ😊

4. 水やり

目土入れのあとは、水やり

シャワワワ~!

目土が流れないくらいの強さで、万遍なく撒きましょう

あげ過ぎかな?
と思うくらいタップリと

表面に、水が浮くくらいまで

3週間過ぎるまで
朝晩2回、しっかり水やりを続けてくださいね🙂

5. 肥料は約1カ月間与えない


張ったばかりの芝生は
根が伸びていないので、栄養や水を吸う力は弱いので

肥料を与えても
十分に栄養を吸収できず、バランスが崩れ弱ってしまいます

すぐに肥料はダメ

根付くまで
約1ヶ月間は、肥料を控えましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝張りの方法をご紹介しました

ポイントは
1.芝生は春に張ること
2.ベタ張りをすること
3.目土を入れること
4.水やりをすること
5.肥料は、約1カ月間与えないこと

芝張りして、順調なら約3か月後に仕上がりますよ😉

それまで
芝刈りや水やりなど、必要なお手入れを継続してくださいね

まれに
根付かず、枯れる芝生もありますが
根が張っていないので、簡単に剥がせますよ

そのときは
同じ方法で張り直してくださいね

根付くと、生長は加速していきますので、みるみる綺麗になっていきますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、お客さんが喜ぶ美しい芝生を育ててください🤗✨

芝張り後の注意すべきことを詳しく知りたい方はご覧ください↓
芝張りから1ヶ月間やるべきこと&やってはいけないこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です