おすすめ記事
芝生を綺麗にする庭木のお手入れ3つのコツ😃✨

マイホームの庭を飾る木々たち

皆さんは
芝生の手入れをしていて
庭木を邪魔に思ったことはありませんか

たとえば
芝刈りをするとき
庭木があって刈りづらかったり

芝生の上に落ち葉が散乱し
掃き掃除が面倒になったり

思わず
お手入れを
放り投げたくなります😅

しかし
せっかくマイホームに
植えた芝生

綺麗な芝生にして
子供たちと楽しく
遊びたいですよね😄

そこで
芝生を綺麗にする
庭木のお手入れのコツを
皆さんにご紹介します🤗

芝生を綺麗にする庭木のお手入れ3つのコツ

はじめに
芝生はメイン
庭木は芝生を華やかにするものと
認識することが大切です

芝生を中心に考え
庭木のお手入れをしましょう😃✨

1.庭木の日陰を減らす

綺麗な芝生を育てるには
日照が大切になります

芝生に
庭木の大きな影が
差していませんか

出来る限り
芝生に光が当たるよう
庭木のお手入れをしましょう

たとえば高木では

大きく広がる枝は落とし
葉張りを縮めましょう

ただし
樹木ごとに理想の葉張りサイズは
決まっているので
落とし過ぎには注意

次に
下枝も落としましょう

これにより
芝生への日照が
さらに向上します

続いて
低木ですが

出来る限り樹高を
低く剪定しましょう

低木であっても
朝夕には
大きく影が差すので
効果があります

うへ~!
長い影😅

2.芝刈りの邪魔にならないよう庭木を手入れしよう

芝刈りは
芝生を綺麗にする基本作業

芝刈りの邪魔にならないように
庭木を手入れしましょう

写真は
生垣にしている紅カナメモチ

芝生の上に枝葉が出ないよう
刈り込むことで
芝刈りがしやすくなります

こちらの写真は
塀際のサザンカ

塀との間を取るよう
刈り込みます

少なくても
芝刈り機が通れる空間を
確保しましょう😃

3.植え込み部分を芝生より低くする

庭木のある
植え込み部分(土のところ)は

芝生の高さより
少し低くしましょう

これにより
落ち葉が植え込み部分に溜まり
掃除しやすくなります😉✨

まとめ

はじめに
芝生がメインで
庭木は芝生を華やかにするものと
しっかり認識することが
大切になります

せっかく育てた庭木を
思い切って剪定するのは
勇気のいることですが

芝生を綺麗にするだけでなく
さっぱり爽快で
より庭木が好きになりますので
チャレンジしてみてください

芝生のお手入れが
とても楽チンになり
きっと
芝生にいることが
楽しくなりますよ😄

皆さん
芝生を綺麗にする
庭木のお手入れ
ぜひ
やってみてね🤗✨

木の足元を綺麗にする方法はこちら

 

 

 

使用している手入れ道具やおすすめをご紹介いたします
手動式芝刈り機 バロネス LM4D
芝刈り機は、仕上がりの良さで決めるべき
ポイントは重さ
芝生に負けない重さで、サクサク刈れますよ
刈り音もシャリシャリ・ジュボジュボと気持ちいい
おすすめです↓

 

太枝切りはさみ
全長 約530mm
生木切断能力 25mmまで
サイズ 幅200×高さ540×奥行き25mm
重量 620g
軽量、丈夫なパイプ柄を採用しています
樹脂ハンドルで握りやすく、疲れにくいですよ↓

 

手ぼうき
サイズ 長さ約72cm
丈夫で長持ち、外回りに使えます
タイルやアスファルトまで簡単お掃除できますよ↓

 

手箕
取って付きで、使いやすさアップ
コンパクトタイプなので、片手で使えて塵取り代わりにも使用できますよ
落ち葉拾いの作業を負担軽減します↓

 

軍手
素材 ポリエステル・綿・その他
補強糸をコイル状に巻いた糸で編んだ丈夫な軍手
手首の編み方を特殊にしており、長時間着用しても疲れにくいですよ↓

 

ゴム手袋
やや厚手で、耐久性と耐油性に優れています
精密作業、油を使う作業、その他幅広く使用可能
ニトリルゴムを材料にしているので、耐薬品性、耐油性に優れています↓

 

ソフト背抜き手袋
通気が良く、ムレにくく、ソフトで長時間の作業も快適
ウーリーナイロン使用により、手袋からホコリの発生が少なく、クリーンな作業に適していますよ↓

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事