芝生の手入れ!液肥の効果的な使い方😃✨

液体肥料を効果的に使う方法をご存知ですか

液肥の特徴を押さえて使うことで、芝生は見違えるほど成長しますよ

さて
マイホームの芝生はスクスクと順調に成長し

芝刈りもしてホッと一安心😄

ニコニコ笑顔の方たくさんいるのではないですか

芝刈りした後の手入れといえば、ダメージ回復に向けて肥料投入ですね

えっ!
肥料って何をあげたらいいの?

と、初めての方もいると思います

芝刈りやエアレーションのあとは、液体肥料いわゆる液肥がおすすめですよ

肥料焼けがなく即効性に優れているので、初めての方でも安心して使えるんです

液肥を上手に使って、芝生を元気に育てましょう😊

この記事では、液肥の効果的な使い方を分かりやすくご紹介いたします🤗✨

液体肥料の特徴

液体肥料は肥料焼けを起こす心配がありません

夏場でも安心して使用することができるんです

固形肥料に比べ即効性が高く、液肥が浸透して根に触れると、すぐに効果が表れますよ

さらに
撒きムラも生じることはありません…ムフムフ😊

いいとこ尽くしの液肥ですが、難を言えば持続性が低いところ

液体肥料の効果は、翌日に現れその後急速に効果は薄れてしまいます

液体肥料の効果的な使い方

液体肥料は、固形肥料にない即効性があります

芝生がダメージを受けたかな!

と思ったとき、サッと使いたいのが液体肥料

芝刈り、エアレーション、サッチングなどの直後に使用すると効果的ですね

切られたり、引っ掻かれた葉や根のダメージを、見る見る回復させてくれますよ😉

芝生の成長に欠かせない肥料の三要素

芝生が緑濃く密度の高い状態を保つには、様々な栄養分が必要なんです

中でも、成長に大きく関わる成分は窒素、リン酸、カリウム

施肥と言ったら、一般にこの3つの成分が含まれた肥料を与えることを言います

植物の生育にとても大切なので、これらは「肥料の三要素」と呼ばれていますね

肥料の三要素について、それぞれご紹介しましょう

1.窒素(N)

芝生を大きく成長させる基礎になる成分

葉の成長・分けつ・葉色アップが促進され、葉肥(はごえ)とも呼ばれます

窒素が不足すると黄色化することがあり、過剰になると葉色は濃くなりますが、抵抗力は弱くなります

病害虫、気温の変化、芝刈り、踏み圧のダメージを受けやすく、サッチも増えてしまいます

ポイント
窒素は、特に葉を大きく伸ばし葉色を濃くする成分

ただし、摂取量が多いと軟弱になり病害虫などを受けやすくなる

少ないと、発育が悪くなる

2.リン酸(P)

花肥(はなごえ)や実肥(みごえ)とも呼ばれ、花を咲かせ実をつけるのに不可欠な成分

植物の細胞分裂を盛んにするので、特に生長の盛んな部分に必要です

芝生がほふく茎を伸ばし根を十分に張って、株を丈夫にする働きがあるので、病害虫に対する抵抗力を強めます

芝草の幼植物の根の発達を促し、更新作業後の根の新生を早めます

欠乏すると細胞の分裂・増殖が低下し、発根や分けつ、茎葉の生長が悪くなり、葉色も紫色になります

また、高温、低温、乾燥、湿潤などの環境ストレスに対する抵抗力も弱くなります

ポイント
リン酸は、細胞分裂を盛んにさせ、芝生の分けつを促進する成分

ただし、少ないと発根、分けつが悪くなりストレス抵抗力も下がる

3.カリウム(K)

根肥(ねごえ)とも呼ばれ、茎や根を丈夫に育て、根の発育をうながし、病害虫や暑さ寒さに対する抵抗力を強くします

養分の蓄積、耐踏み圧性や耐病性の付加があげられます

水溶性のため流亡しやすく、不足すると細胞膜や細胞壁が薄くなり、損傷に対する抵抗力を失います

刈り込み抵抗性を減退させ、再生力も低下させます

過剰は、拮抗作用として、カルシウムやマンガンなどの吸収阻害として現れます

ポイント
カリウムは、茎や根の発育させる成分

ただし、摂取量が多いと吸収阻害が現れる

少ないと、損傷に対する抵抗力を失う

おすすめの液体肥料>

メネデール液肥


有効成分 窒素7:リン酸5:カリウム5+鉄
希釈倍率 500~1,000倍
散布量 2~3L/1㎡
散布回数 生育期に月2~3回

おすすめポイント
鉄分をはじめとした各種活性素(微量要素)をバランスよく配合している

特に、窒素・鉄を強化しており色鮮やかに育つ

ハイポネックス液肥


有効成分 窒素5リン酸2:カリウム4+鉄・かん水フルボ酸
希釈倍率 500倍
散布量 2~3L/1㎡
散布回数 生育期に月4回

おすすめポイント
地下深層水から抽出した天然有機物「かん水フルボ酸」を含み、丈夫で色鮮やかに育つ

シバエキス


有効成分 窒素7:リン酸5:カリウム5+苦土1
希釈倍率 500倍
散布量 2~3L/1㎡
散布回数 生育期に月1~2回

おすすめポイント
イオン交換高分子化合物からなり、持続効果を持つ

芝生が健やかに育つために必要な養分を十分に含み、発根促進や土壌をふかふかにする

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、液肥の効果的な使い方をご紹介しました

ポイントは
1.液肥は即効性が高く、持続性が低い
2.芝刈り・エアレーション・サッチングなどダメージを与えた直後に使用するとよい
3.肥料は与えなくてもダメ、与えすぎてもダメ

ご紹介した液体肥料の主成分(窒素・リン酸・カリウム)は同じですが

鉄、かん水フルボ酸、苦土など、それぞれ付加されている成分に特徴があります

迷ったときは、何の成分を強化したいかで選ぶといいですね😊

液肥の特徴を押さえて上手に活用すれば、芝生の成長が一層加速しますよ

皆さん
ぜひ参考にしていただき、色鮮やかな力強い芝生を育ててください🤗✨

参考に
固形肥料と液肥で一層効果を上げる方法を詳しく解説した記事はこちら
芝生に固形と液体肥料を組み合わせて効果を倍増させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です