おすすめ記事
写真でわかる花壇の土をふかふかに再生する方法😃✨

花壇の土を柔らかくする方法って、ご存知ですか

固い土のままでは、花は元気がなくなってしまいますよ

さて
季節が変わると、花は植え替えの時期ですね

植え替えた花が
成長しないんだよねえ…シュン😣

と元気のない花に、悩んでいる方いるのではないですか

ひょっとしたら
花壇の土が原因かもしれませんよ

カチカチの土は、根の生長が阻害するんです

えっ!
じゃ、どうしたらいいの?

と心配になった方いると思いますが

でも、大丈夫!
土をフカフカにしてあげればいいんです

土をぜんぶ交換するのはもったいないし
処分も大変なので

今ある土を上手に使って、元気な花を咲かせましょう

この記事では、花壇の土をふかふかに再生する方法をご紹介いたします🤗✨

カチカチの古い土に花を植えてしまうと

1.栄養がない

植え付けていた花は
土の栄養を使い切ってしまうので

このまま植え付けたのでは
花は大きく成長しません

2.土が固く締まっている

雨が降るなど、時間が経つに連れ
土は固く締まっていきます

特に、粘性土の場合
カチカチになって
根が伸びることができません

伸び伸びとした根は
栄養や水分を十分に吸い上げることができますが
根のない花は、育つことができません

3.通気性や排水性が悪く、根腐れの原因になる

隙間のないカチカチの土の場合
空気や水分は通ることができません

通気性や排水性は、花にとって重要で
生長を妨げる大きな要因になってしまいます

4.害虫が土の中にいっぱい

ヨトウムシやコガネムシの幼虫は
花の葉や根を食べて成長します

これら害虫は、土の中に潜んでいて
大量に発生すると、最悪枯れてしまいます

花壇の土をふかふかに再生する方法

1.土を掘り上げる

始めに
時期の過ぎた花を
キレイに取り除きます
よいしょ!

次に
スコップで、土を掘り上げます
ザクッ!

あらかじめ
大きめのシートを敷いておき
一輪車で土を運び、山にします

掘り上げる目安は
深さ 約20~25cm

2.フルイに掛ける

掘り上げた土は、フルイに掛けます
細目のフルイを使いましょう

混じっている根や石など
撤去します

土の中に、幼虫が潜んでいるので要注意

見つけた幼虫は
1匹残らず取り除きましょう

写真は
コガネムシの幼虫

小さな花壇なのに
なんと
約50匹も潜り込んでいましたよ

うへ~!
キ、キモッ😱

さて
フルイ終わった土は

こちらは
網に残った土

こちらは
網をくぐった細かい土(微塵)

微塵は
土のすき間に入り込み
土を固くするもとになります

処分するのは、微塵です

3.資材を加える

微塵を処分すると
全体量が減りますよね

そこで
処分した量に見合う
資材を加えます

1. 培養土


減った量の8割は
培養土を加えます

2.発酵牛ふん


減った量の2割は
発酵牛ふんを加えます

発酵牛ふんは
肥料の効果はありませんが
土をふかふかに戻してくれます

3.苦土石灰(1平米当たり約30g)


苦土石灰は
酸性の土を、アルカリ性に変え
栄養素のマグネシウムも補充できますよ

4.化成肥料(1平米当たり約60g)


元肥として
化成肥料(8-8-8)を加えます

資材を加えたら
スコップでよく混合します
まぜまぜ!まぜまぜ!

4.再生した土を花壇に戻す

再生した土は、一輪車に乗せ

花壇に戻します

ザザ~!

平らに均したら
完成です

5.1週間経つまで植え付けを控える

苦土石灰により
土壌のphが変化するまで
約1週間かかります

それまで
植え付けは控えましょう

phの確認は
土壌酸度計を使うと簡単で便利ですよ

植物の生育に向いているphは
5.5~6.5
と言われています

確認してから、花を植えましょうね😉

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、花壇の土をふかふかに再生する方法をご紹介しました

ポイントは
1.フルイに掛ける
2. 細かい土(微塵)を処分する
3. 発酵牛ふんを使用する
4. 元肥(化成肥料)を加える
5. 幼虫を取り除く

カチカチの古い土に
花を植え付けてしまうと

土に栄養はないし
通気性や排水性も悪いため
生育に影響してしまいます

さらに
土の中には害虫もいて
葉や根を食べつくされる
こともありますよ

ふえ~!
こわっ😵

美しい花を育てるために
土のコンディションを整えてあげましょう

再生された土は
空気・水分の入る隙間ができるので

根張りもよく
大きく成長しますよ

もちろん
害虫も取り除けるので
安心ですね…ムフムフ😊

花壇の再生作業は
フルイ分けに手間は掛かりますが

土の処分は、少量で済み
予算を抑えることができますよ

さらに
環境にも良いですよね😄

資材や配合を変えてみたり
いろいろ工夫して

ご自分にあった再生方法を
見つけるのもいいですね🙂

皆さん
植物の環境にあった土づくりで、美しい花を育ててください🤗✨

ハンギングプランターの使い方を知りたい方はこちら

 

 

 

おすすめの手入れ道具や資材をご紹介いたします

スコップ
長く使用するものなので
サビないものがいいですよ
様々なシーンで使える便利道具なので
ぜひ揃えておきたいですね↓

 

シルバーシート
サイズ 約2.7mx3.6m
#3000のブルーシートより数倍も丈夫!超厚手#4000 UVシルバーシート
UVコーティングした高耐候性なので、紫外線による劣化を防ぎます
使いやすいサイズですよ↓

 

フルイ
目土入れは、均等に撒くことのできるフルイが便利
ステンレス製のサビないフルイがいいですよ↓

 

スコップ
すくい部 幅×長さ 78mm×134mm
柄の長さ 100mm
材質 ステンレスSUS304(銅含有)
菌ステンレスで、素材自体に抗菌性を持っています
銅のイオン効果による作用を利用しているため安全です
先端形状の工夫により、粉等のすくい・容器への移し変えに最適↓

 

デジタル土壌酸度計
多機能な表示が可能なデジタル土壌酸度計
土壌水分を5段階で簡易的に表示します
バックライト付で見やすいです↓

 

古い土のリサイクル材
一度使った土に混ぜるだけで手間は掛かりません
市販の用土に混ぜても地力がさらにアップ
複数の有機質素材を配合し、土を柔らかく、排水性を良くします
混ぜた直後に植え付けが可能です↓

 

培養土
花や野菜の栽培が気軽に始められる培養土です
軽くて、肥効は約3か月と長持ち
リン酸強化で実つき花つきを重視しています
ピートモスをふんだんに使用し、比重0.25と非常に軽くふかふか仕上げ↓

 

発酵牛ふん
醗酵・乾燥・無臭堆肥
微生物の働きを活発にし、土壌をよくする有機質肥料です↓

 

苦土石灰
苦土石灰に「ようりん」「腐植酸」「微量要素」を加えた土作り資材
まきやすい粒状タイプ↓

 

有機化成肥料
粒状タイプの有機入り化成肥料で、きれいな花や、おいしい野菜作りに最適
即効性の化成肥料に、ゆっくり効く有機肥料を配合しています
ニオイが少ないから作業しやすい粒状タイプの肥料です↓

 

一輪車 2才
床土改良の際、床土や資材の運搬は重労働です
剥がした芝生の運搬にも使えて便利なんです
これ1台で、芝生の手入れが楽になりますよ↓

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事