芝生の手入れ!夏雑草を防ぐ方法😃✨

夏雑草が生えて困っていませんか

対策を取れば、いつまでも美しい芝生を保つことができますよ

さて
芝生シーズンはいよいよ本番

成長最盛期の芝生はモリモリ元気一杯

芝生を眺める度に頬が緩みます😍

のはずが

ほげぇ~!
草だらけ😵

ちょっと目を離したら、芝生より雑草が目に付く有り様

お客さんをおもてなしできる状態ではありません

うへ~!
ションボリ😫

と、頭を抱えている方いるのではないですか

でも、安心してください😄

夏雑草は、対策を取れば駆除することができるんです

この記事では、夏雑草を防ぐ方法を分かりやすくご紹介いたします🤗✨

夏雑草を防ぐ方法

肥料散布の前に草取り

芝生の成長に肥料散布は欠かせません

しかし
栄養を欲しがっているのは芝生だけではありません

夏雑草も肥料散布を心待ちにしているんです

このまま肥料を与えては、栄養を横取りされちゃいますよ

芝生を追い越し、夏雑草はドンドン成長してしまいます…うへ~😱

芝生のために撒いたのに、それではションボリですよね

肥料散布する前は、夏雑草をキチンと抜き取りましょう

成長しないうちに抜き取る

夏雑草は大きくなると、根を張り強くなってしまいます

地下茎でつながる雑草は、アッという間に広がり手に負えません

成長しないうちに抜き取り、大きな被害を防ぎましょう

でも、芝生の中の小さな雑草なんて探せないよ😣💦

と、思った方いるのではないですか

夏雑草は、毎日のように生えてくるものです

一度に退治しようとすると大変な作業ですよね

小さい雑草なら余計です

四つん這いで長時間の作業…ほげぇ~😵

でも、心配しなくて大丈夫!

毎朝、芝生を一周りするだけでいいんです

気づいた雑草をサクッと抜くだけ

時間をかける必要はありません

毎日数本ずつ抜きましょう

気づいた時には、雑草はなくなっていますよ…ムフムフ😊

芝刈りで夏雑草を駆除する

この記事を読んでいるあなたは、雑草に困っていますよね

思い切って、雑草ごと芝刈りしてください

えっ!なんで?
と、不思議に思った方いるかと思いますが

雑草は繰り返し刈られるうちに、だんだん弱るんです

なぜなら、芝刈りの度に成長する芝生に圧倒されるから

雑草は種子を落として増えていくので、種子を落とす前に刈られると成長できないんです

夏雑草を駆除できて、芝生も元気になる

一石二鳥の芝刈りですね…ムフムフ😊

発芽前土壌処理剤で予防する

夏雑草は、春から夏にかけて成長します

春先の生えないうちに、発芽前土壌処理剤を散布して予防しましょう

ん!
発芽前土壌処理剤ってなあに?

と、初めて耳にする方もいると思うので

発芽前土壌処理剤とは
雑草の幼根の発生を阻害し、種子の発芽を抑える除草剤のこと

生えてしまった雑草には効かないので、夏雑草が出てくる前に散布しましょう

おすすめの土壌処理剤

カソロン粒剤2.5%

芝生への適用がある発芽前土壌処理剤です

粒状でそのまま散布でき、とても使いやすいですね

長期間の効果があると言われており

私が使用した感じでは、3~4カ月間は効果が持続するようです

散布時の注意点

芝生の弱っている時は、土壌処理剤の散布は控えましょう

・芝生を這ったばかりのとき
・軸刈りして弱っているとき
・芝生が芽吹き始めたとき
・真夏の暑いとき

土壌処理剤は、芝生の密度が上がり元気なときに散布すると安心ですね😄

夏雑草の主な種類

一年生雑草

一年生雑草とは、春に発芽して冬には枯れてしまう雑草のこと

落ちた種子は、翌春に温度上昇とともに発芽します

主な夏雑草をご紹介しましょう

・コニシキソウ

北アメリカ生まれの帰化植物

地を這うように広がる茎は毛があり、切ると白色の乳汁が出る

葉の中心には、暗紫色の斑点が見られる

夏に小さな暗色紅色の花をつける

・スベリヒユ
春先に発芽して、生育後、秋には枯れる

多肉質の葉を持ち、地表面を四方に広がる

夏に枝先の葉の間に、黄色の小さな花をつけ、金属質の小さな種子をつける

・メヒシバ
夏雑草の代表格

夏から秋に穂を出し、1株に1,000粒以上の種子をつける

繁殖力が強く、アッという間に芝生を覆ってしまう

・オヒシバ
メヒシバと同様に夏雑草の代表格

葉はメヒシバより硬く、ツヤがある

根が太く、大株になると手では抜けなくなる

夏から秋にかけて、緑色の花穂を出す

夏雑草一覧表

科 名 雑草の名前
イネ科 メヒシバ オヒシバ アキメヒシバ エノコログサ チガヤ ニワホコリ チカラシバ スズメノヒエ ギョウギシバ
キク科 ハルジョン ヨモギ ハキダメソウ トキンソウ
カヤツリグサ科 ヒメクグ ハマスゲ カヤツリグサ
マメ科 クローバ類 ミヤコグサ ヤハズソウ
その他 スギナ ギシギシ ヒメスイバ ツメクサ スベリヒユ カタバミ ハコベ チドメグサ コニシキソウ ツユクサ オオバコ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、夏雑草を防ぐ方法をご紹介しました

ポイントは
1.夏雑草は春に生え冬に枯れる一年生雑草
2.肥料を撒く前は除草する
3.夏雑草は、小さいうちに抜き取る
4.芝刈りを繰り返してやっつける
5.発芽前土壌処理剤で予防する

芝生と雑草は、密接な関係があります

生育の悪いところには雑草がよく茂り、密度の濃い芝生には余り生えません

早め早めの対策がキレイな芝生を保つコツですね

芝生と同様、雑草も夏は元気一杯
一度気を抜くと、手が付けられなくなります

大切なことは、芝生を観察し続けること

意識を持つと、細かいところまで見えるようになりますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、雑草のない美しい芝生を育ててください🤗✨

参考に
夏雑草の退治に便利な道具を解説した記事はこちら
サクッ!芝生の雑草を簡単に取れる草抜きニッパーの使い方

2 件のコメント

  • 芝生の緑が増えていくと共に雑草たちも元気が出てきました。
    見つけて小さい内に抜くようにしてますが追いかけっこです。今年は草取りニッパーも買いました。
    芝刈りも夏雑草対策に効果的だったとは知りませんでした。
    今年は芝刈りをマメにやります!

    • うほ〜!
      草抜きニッパー手に入れましたか(*^^*
      サクッサクッと草取りが楽しくなりますね!
      芝刈りは一石二鳥だから
      といっても、基本は手抜きなので
      ご留意ください(^^
      きっと、今シーズンは美しい芝生が見れますよ(^^/

  • Oka0917 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です