芝生のキノコをなくす方法と対策😃✨

芝生に生えるキノコに困っていませんか

景観を悪くするキノコは、減らすことができますよ

さて
梅雨や秋雨前線の時期は
湿度は上がり、ホント不快ですよね

ジメジメすると、みんな元気がでません

ところが

キノコ

かぁ~!
うれしくてピンピンしとる😣💦

うっとうしい時期に
キノコだけは、元気ですなぁ😄

なんて
感心している場合じゃありませんけど😅

放って置くと
菌が広がり、キノコ村になっちゃいますよ

大切な芝生なのに、キノコのせいで景観は台無し

ニョキニョキ生える芝生に
悩んでいる方も、多いのではないでしょうか

そんな方のために
この記事では、芝生のキノコをなくす方法と対策をご紹介いたします🤗✨

芝生に生えるキノコ

春から秋まで
シーズン中は、たくさんキノコが生えますね

次々に生えるキノコは
芝生の景観を台無しにして

ん~!
困ったものです😧

キノコをなくしたい!
と思っている方たくさんいるのではないでしょうか

大切な芝生に
キノコなんか見たくありませんよね

と言っても
このブログのアイコンは
キノコにしてますけど…エヘヘ😅

1シーズンに生えるキノコってどれくらい?

と気になる方もいると思います

数えてみたら
4種類のキノコが、すごい本数が生えていました

数の多い順に、ご紹介すると

1位
キコガサタケ

キコガサタケは
「黄小傘茸」と書きます

名前の由来は
傘が、黄色くて小さいから

体長は、3〜4cm

白っぽくて
ヒョロっとした感じのキノコ

調べたところ
毒は無いようですが

食用かは不明とのことですので
食べない方がいいですね

と言っても
日本人で食べたい!
っていう方会ったことありませんが😅

生長は早く、一晩で傘まで開きますよ

梅雨に入ってから
ずっと「おはよう」していました…エヘヘ😅

2位
ヒメホコリタケ

ヒメホコリタケは「姫埃茸」と書きます

小さい埃茸という意味

「埃茸」の由来は
成長すると、てっぺんから
ホコリのように、胞子を放出するから…プシュ~!

直径は1〜2cm

調べたところ
毒は無いようですが

食用は不明とのこと

キコガサタケ同様に
食べない方がいいですね

丸い傘の表面には
小さなトゲトゲがあって
見た目マッシュルームのよう

独特のニオイがしますよ…く、くさっ😵

3位
シバフタケ

シバフタケは「芝生茸」と書きます

その名のとおり
名前の由来は、芝生に生えるから

体長は2〜5cm

傘は茶褐色で
ヨーロッパでは食用とのこと

キコガサタケより
しっかりしていて丈夫です

ヌメヌメ感の無い
なめこのイメージですね🤗

4位
イタチタケ

イタチタケは「鼬茸」と書きます

名前の由来は
傘の色がイタチに似ているから

直径は約5cm

食用ですが、もろいので
調理中に、形はなくなってしまうそうです

広葉樹の切り株、枯れ木や
その周りに生えることが多いとのこと

土っぽい褐色で
成長すると、傘の周りが細く裂けます

他の3種類に比べると
大きくて、ビックリです😱

キノコの生えた時期・本数

梅雨時期を始め
台風や前線通過など

雨が降った後は
必ずと行っていいほど
ニョキニョキ生えますね😣

キノコが生えた時期·本数を
表にまとめてみると

【2018】 キコガサタケ ヒメホコリタケ シバフタケ イタチタケ
6月 0 0 2 0
7月 44 21 3 0
8月 26 53 0 0
9月 46 20 19 2
10月 7 1 2 0
123 95 26 2

総合計 246本

ほげぇ~!
よく生えたもんです😱

ちなみに
イタチタケは
シャラの木の根元に生えたので
芝生に生えたキノコではありません

キノコをなくす方法と対策

たくさんのキノコが生えて
感心するほどですが😅

キノコは
ネットワーク状に菌が広がることで
ニョキニョキと生えてきます

そのため
まとまって生えたり
線状に生えたり

菌が残っている限り
きりもなく、次々と生えてきますよ…うへ~😣

拡散を防ぐため
生えたキノコは放置せず
キチンと摘み取りましょう

なぜなら
成長すると、菌を放出して
子孫を増やそうとするから…怖っ😫

キノコ菌をやっつけるには
殺菌剤が効果的です

芝生の病気に使うもので
大丈夫

ただし
殺菌剤は、同じ種類ばかり使っていると
菌に免疫がつき

効果が薄れますので
数種類を、ローテーションで使いましょう

この芝生では
5種類の殺菌剤を使用しています

参考に、ご紹介しますと

オーソサイド水和剤80

トップジンM水和剤

ホーマイ水和剤

ダコニール1000

バリダシン液剤5 ※左は、展着剤シンダイン

ヒメホコリタケは
フェアリーリング病の原因になるので

フェアリーリング病に効果のある
殺菌剤を使いましょう

サプロール乳剤

殺菌剤を散布しても
キノコが減らなければ
再度散布してくださいね

その際は
2周間くらい
間隔を開けて散布しましょう

完全にキノコを防ぐことは難しい

1シーズンの間に
248本のキノコとは

うへ~!
すごい数😰

キノコを見つけるたびに
キチンと摘み取り

殺菌剤の予防散布をするなど
対策は取っていたのですが…トホホ😥

なんで
そんなに生えるの?

と疑問に思う方いるかと思います

生えたキノコは
殺菌剤でなくすことはできますが

胞子を飛ばすので
キノコ菌は、風に乗ってやってきます

そのため
完全に防ぐことは難しいんです

大量発生しないよう、注意を払いながら
上手に、キノコと付き合うようにしましょう

降雨前に
殺菌剤を散布するのは効果的ですよ😉

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生のキノコをなくす方法と対策をご紹介しました

ポイントは
1.キノコが生えるのは、梅雨から秋雨前線が過ぎるまで
2.拡散を防ぐため、放置せず摘み取ること
3.殺菌剤の予防散布が効果的
4.殺菌剤散布は、2週間は明ける
5.キノコ菌は飛んでくるので、完全に防ぐことは難しい

キノコを摘んでも
次の日には、きのこ村は復活

んがぁ~!
イライラ😣💦

となる気持ち分かりますが

キノコが生えるのは、肥沃な土壌だから

芝生が育つ環境なんだ!
と切り替えれば、気持ちはスッキリしますよ😄

芝生のキノコと
上手にお付き合いくださいね…ムフムフ😊

皆さん
ぜひ参考にしていただき楽しい芝生ライフを過ごしてください🤗✨

荒れてしまった芝生を再生させたい方はご覧ください↓
荒れ放題の芝生を復活させる方法を分かりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です