おすすめ記事
ガーデンスパイクで芝生エアレーション時間を1/5に短縮する方法😃✨

エアレーションの作業は大変ですよね

ガーデンスパイクを使えば、短時間で簡単にできますよ

さて
マイホームに芝生を張って
数年が経過すると、だんだん元気がなくなってしまいますよね

実は
私も経験あるんです😅

当時の荒れた芝生

んがぁ~!
ヒドい😣💦

荒れた芝生を元に戻したい!

よ~し!
こんな時はエアレーション!

と意気込んで始めたものの

ザクザク!ザクザク!

うへ~!
ツ、ツラッ😣💦

あまりの大変さに
ポイッ!

途中で放り投げて
あとは知らんぷり😅

あなたも
そんな経験あるのではないですか?

そんな方こそ
「ガーデンスパイク」はおすすめ

ガーデンスパイク

これまでの道具と違い
疲れず、しかも短時間にできるんです

途中で放り投げちゃった方も
最後まで、やり遂げることができますよ…ムフムフ😊

この記事では、ガーデンスパイクで芝生エアレーション時間を1/5に短縮する方法をご紹介いたします🤗✨

芝生のエアレーションは大変

エアレーションに使用する道具は

スパイク用

フォークタイプで穴を空けるタイプ

コアリング用

刃が筒状になっていて土(コア)を抜き取るタイプ

どちらの道具も、作業方法は同じで
足で踏み込みながら進めます

実際に作業してみると、とても重労働

感じたことを並べると
・時間がかかる
・腰が痛くなる
・手がしびれる
・単調で飽きる

作業しているうちに
忍耐力を試されている気持ちになってきます

ず~っと
そんな状態が続くので
ポキンと、心が折れちゃうんです…うへ~😵

短時間で簡単にエアレーションを済ませる

1.ガーデンスパイクなら簡単


ガーデンスパイクは
これまでの道具と異なり、足の裏に取り付けて使用する道具

ワンタッチバックルではないので
ベルト装着に、少し時間は掛かりますが

取り付けてしまえば、あとは歩くだけ

これまでと比較にならないほど、簡単にエアレーションできますよ😄

セフティ3 ガーデンスパイクの仕様


・サイズ 幅140×高さ350×奥行110mm
・重量 880g
・スパイク本数 片足13本
・スパイク長さ 47mm
・スパイク太さ 約5mm

ガーデンスパイクの使い方

ガーデンスパイクの使い方をご紹介します

まずは装着

装着のコツは
1.キチンとスパイクを並べておく
2.スパイクが、地面に埋まるまで踏みつける
3.足を乗せて、ベルトを取り付ける

初めて使うとき
付属品のベルトを取り付ける必要があります

ベルトの取り付け時間は
10分くらい

最初だけ、少し手間は掛かりますね😅

さて
装着したら、あとは歩くだけ

ザクザク!ザクザク!

歩くコツは
1.踵から着地する
2.体重を乗せるように歩く
3.真上に足を抜く

最初のうちは、ふらつきます

慣れてくると、真っ直ぐ歩けるようになりますよ😉

スパイクの跡は、こんな感じ

かなりの密度で、穴が空いていますね😊

2.ガーデンスパイクのスパイク量

ガーデンスパイクは、どれくらいのスパイク量なのでしょうか?

気になるところですよね

エアレーション効果にかかわることなので、キチンと計算してみましょう

ここの芝生を例にすると
面積は約160㎡

ガーデンスパイクを使ってみると

万歩計で
約4,200歩

片足のスパイク数は13本なので
スパイク数を計算すると

約4,200歩×13本
=約54,600本

1平方メートル当たりにすると

約54,600本÷面積160㎡
=約340本

エアレーション率を計算すると

スパイク面積÷1㎡
=3.14✕0.0025✕0.0025÷1
≒0.0067

結果は
スパイク数 1㎡当たり約340本
エアレーション率 約0.7%

これまでの道具に比べると
残念ながら、エアレーション量は少ないですね

スパイクの長さも短いので、エアレーション効果は劣ります

手軽にできる分
そこは仕方のないところ

回数を増やして、補うとよいとですね…ムフムフ😄

3.エアレーション時間は1/5に短縮できる

大変な手入れのランキングをつけたら
エアレーション作業は1、2位を争うでしょう

時間は掛かるし、
作業は地味で単調…うへ~😫

経験者なら
エアレーションの辛さは良く分かるでしょう

できれば時間を短くしたい!

誰でも、そう思うのではないでしょうか

そんな願いを叶えてくれる道具が
「ガーデンスパイク」

辛い長時間労働から開放されますよ

えっ!
どのくらい時間短縮できるの?

と思った方いると思いますので

一般的なスパイク道具と比べてみましょう

一般的なスパイク道具の場合

面積は約160㎡で
エアレーション時間は
約5時間36分

ガーデンスパイクの場合

エアレーション時間は
約60分

結果は
約5時間36分 → 約60分
なので

うひょ~!
なんと
約1/5に短縮

これなら、エアレーションも苦じゃないですね😍

4.ガーデンスパイクの注意点

ガーデンスパイクにも、注意点はあります

1.ベルトが緩みやすいので、しっかり固定すること
2.芝生を剥がしやすいので、足を真上に抜くこと
3.長いので余ったベルト部分は、ぶらぶらしないよう靴に挟み込むこと
4.危ないので、急がないこと
5.フラフラしてしまう方は、傘を杖代わりに持つと良い
6.他の道具に比べ、長さやスパイク量が少ないので効果は劣る

事故防止にもつながることなので、しっかり頭に入れておきましょう😃

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、ガーデンスパイクで芝生エアレーション時間を1/5に短縮する方法をご紹介しました

ポイントは
1.エアレーションを諦めた方、時間の無い方におすすめ
2.ガーデンスパイクを使えば、1/5に時間短縮できる
3.他の道具と比べ、スパイクは細く短いため効果は劣る

ガーデンスパイクは、値段が数千円と安価なので
すでにエアレーション道具をお持ちの方にもおすすめです

道具が2つになったら、こんな使い方はいかがでしょうか

春の更新作業時は
効果の高い一般的なスパイク用で

シーズン中は
ガーデンスパイクで、2ヶ月置きにサクッとエアレーション

シーズン通して、通気性・通水性を高めれば
芝根はどんどん伸びていきます

スカスカの芝生から、次々に新芽が出てきて
荒れた芝生は、見違えるように綺麗になっていきますよ😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、誰もがうらやむ美しい芝生を育ててください🤗✨

芝生の根切りを詳しく知りたい方はご覧ください↓

楽して芝生を育てたい方はご覧ください↓

 

 

 

使用している手入れ道具をご紹介いたします

ガーデンスパイク
サイズ 幅140×高さ350×奥行き110mm
重 量 880g
スパイク本数 片足13本
足裏に取り付けて、歩くだけ
短時間でできるので、時間の取れない方にいいですね
隙間時間を使って、さくさくエアレーションできちゃいますよ
おすすめです↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事