おすすめ記事
芝生の止め肥&化成肥料をムラなく撒くための散粒機の使い方😃

芝生の止め肥(とめごえ)


天気は
ゆるやかに下り坂

明日は雨予報なので
この機会を利用して
今シーズン最後の肥料撒き

いわゆる
止め肥(とめごえ)をしましょ〜😃✊

止め肥とは
シーズン最後に撒く肥料のこと

止め肥の時期は
芝生の刈り止めをする頃まで
効果が持続するよう
逆算して散布日を決めます

参考に
我が家では
昨年の刈り止めは
2017.11.04㈯でした😊

なお
止め肥のあとの追肥は
秋冬雑草の養分になるだけなので
一切与えないようにします

ほいじゃ
さっそく
止め肥をGO〜😄✊

化成肥料をムラなく撒くための散粒機の使い方


これまで肥料は
手で撒いたり

調味ボトルで撒いたり

色々試しましたが

我が家の
芝面積は約50坪

ん〜!
早く
そしてムラなく撒きた〜い😣

そこで
じゃん!

ガーデンスプレッダーGSR-1

いわゆる散粒機

開けてみると

むふ〜!
ハンディタイプ😄

説明書きを見ると
◯ハンドルをクルクル回すだけで手早く広範囲に散布ができる
◯肥料・ タネ・ 除草剤が簡単に散布でき家庭菜園などに便利
◯冬期間は融雪剤散布機として使用できる
◯容量 約2kg
◯散布範囲 最大3M
◯サイズ 外寸:228×238×210mm
◯重量 450g
とのこと

ムフムフ!
特徴を頭に入れたら
さっそく
使ってみましょ〜🤗

まずは計量
ホイ!

こぼれないように
目盛りをゼロにします

肥料を
ザザ〜!

目盛り1を
少し越えるくらいにしたら
準備完了😃

ハンドルを持ったら

クルクル!クルクル!

うぴょ〜!
楽しい😍

クルクル!
クルクル!

ふぅ~!
掛かった時間は
約20分

ホイでもって
最後に散水

粒に向かって
近くからジャ〜!

全体に
たっぷりジャ〜!

んでもって
散布後の様子は
じゃん!

ありゃ!
遠目なので
違いが分かりませんけど😅

つ~ことで
アップでパチリ!

むふ〜!
いい感じ😍

散粒機を使って分かったこと

散粒機は
手や調味料ボトルに比べ
散布時間を大幅に短縮でき

そして
ムラなく撒くことができます

ただし
狭い芝生の場合は
手または調味料ボトルで撒いた方が
勝手が良く早いかもしれません

使ってみて
2つのことが分かりました

一つは
肥料は2kg入りますが
重くて大変なので
一度に入れる量は
500g~1kgが
良いということ

もう一つは
散布範囲は最大3mですが
ハンドルをゆっくり回すことで
範囲を1.5mくらいにすると
良いということ

これらは
私が感じたことなので
すべての皆さんに当てはまる
訳ではありませんが

皆さんの
参考になれば幸いです😃✨

参考に
止め肥の効き始めを詳しく書いた記事はこちら

今朝は
もっとクルクルしたくて
我慢ができず
鉛筆削りをクルクル!クルクル!
ピカピカ鉛筆を片手に
ニコニコ出勤です😄

今朝の芝生&お花

プランターのペチュニア

液肥が効いて元気ですが
新芽がニョキニョキする時期は
どうやら過ぎたよう…ションボリ😢

芝生の退色が気になる方はご覧ください↓

 

 

 

使用している手入れ道具やおすすめをご紹介いたします

ガーデンスプレッダー(散粒機)
サイズ 高さ210×幅228×奥行238mm
ハンドルをクルクル回すだけで広範囲に散布できますよ↓

 

芝生用バイオ有機質化成肥料  バロネス エンザアミン
アミノ酸と酵素の力でし活性化させます
サッチの分解を促進する効果もありますよ↓

 

緩効性化成肥料 バロネス 芝生の肥料
肥料は、芝生専用が使いやすいです
効果も高く、ゴルフ場でも使用されていますよ
おすすめはこれ↓

 

計量器
ひょう量 2,000g
最小表示 1g
本体寸法 186×122×H31mm
計量皿寸法 130×120mm
製品重量 287g
見やすいデジタル表示

 

計量カップ 1L
サイズ 約 幅23×奥行15×高さ14(cm)
重量 約326g
容量 1000ml
材質 飽和ポリエステル樹脂、サントプレーンゴム
カップ内側に傾斜をつけてかかれた目盛りにより、上から見るだけで簡単に計量できます
グリップ部は柔らかく、濡れた手でも滑りくいですよ↓

 

ホース ウェイビーキューブPRC-20GN
このホースは、使った後の片付けが楽なので使いやすいです
しかも、カバー付きなので日光を防ぎ長持ちしますよ
おすすめです↓

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事