経験から分かる芝生の密度がグングン上がる方法😃✨

芝生の密度が薄くて、お困りではないですか

芝刈りの頻度を上げると、絨毯のように密度が上がりますよ😄✨


さて
マイホームを構え
毎日、芝生ライフを
エンジョイしている方いるかと思います

しか~し!

一方で
緑のカーペットを夢見たものの
思うように行かず

ションボリ
曇り顔の方いるのではないでしょうか

数年が過ぎるうち
いつの間にか、密度は下がりスカスカに

ほげえ~!
スカスカ😣

慌てて
エアレーションを試しても

青々とした
最初の頃の芝生には戻りません…シュン😩

張り替えるのは大変だし
密度を上げる方法ないかなあ?

とお悩みの方へ
密度を上げる方法をご紹介しましょう

と、偉そうに言っていますが
実は、私も本気で悩んだ一人…エヘヘ😅

でも
密度アップに取り組んだら

ビックリするくらい
密度が上がったんです

じゃん!

今では
お客さんも、喜んでくれるようになりました

皆さんも
密度アップに取り組んでみませんか

この記事では、芝生の密度がグングン上がる方法をご紹介いたします🤗✨

芝生の密度が上がる仕組み


芝生は、伸びる葉を切られると
生存本能により、横へ伸びようとします

横へ伸びる茎、いわゆる「ほふく茎」は
一本の茎から、いくつも芽を出します

葉を切るほどに
分けつは進み、芽は増え

段々と
密度は濃くなっていくのです

芝生の密度を上げる方法

密度を上げるには
刈り高を下げ
芝刈りの回数を増やしましょう

芝刈りには、1/3ルールがあり
刈り高を低くするほど、回数は増えます

ちなみに
1/3ルールとは、刈る長さを
全体の1/3以内にするルールのこと

このルールは
必ず守らなければなりません

調子に乗って
刈り高を、下げすぎないでくださいね

ルール破りには
「軸刈り」という、厳しい罰が待っていますよ

結果
緑を失い、辛い日々を過ごすことに…うへ~😱

ちなみに
軸刈りとは、短くしすぎて
芝生の軸だけが残り、茶色になってしまうこと

軸刈りになると
緑に戻るまで、相当の期間を要します

皆さん
くれぐれもお気をつけください

さて、話を戻して

1/3ルールを考え
軸刈りにならないようにするには

刈り高17mmの場合
芝刈り間隔は5~6日

密度を上げるため

刈り高を13mmに下げると
芝刈り間隔は2~3日

刈り高4mmの違いで
芝刈り回数は、どのくらい増えるのでしょうか?

さっそく
計算してみましょう

1ヶ月間の芝刈り回数は
刈り高17mm →30日÷5~6日=5~6回
刈り高13mm →30日÷2~3日=10~15回

刈り高4mmの差で、芝刈り回数は
なんと2~3倍に

どひぇ~!
ビックリ😅

芝刈り回数は増えて
大変になりますが

3ヶ月後には
ご覧のとおり

じゃん!

むふ~!
密度が上がります😍

肥料をたくさん与えても
芝生の伸びが早くなるだけで
葉数は増えません

密度を上げるには
刈り込みを増やしましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、芝生の密度がグングン上がる方法をご紹介しました😊

芝生の密度を上げるには
芝刈り回数を増やすことが
なにより大切

回数を増やすには
刈り高を下げること!

ただし
軸刈りに注意が必要です

あなたは
どれだけ芝刈りに時間を掛けられますか?

ご自身の環境に合わせて、刈り高を決めてくださいね😄

皆さん
ぜひ参考にしていただき、マイホームを緑のカーペットしてください🤗✨

芝刈りが逆効果になる例を知りたい方はご覧ください↓

簡単に芝刈りを済ませたい方はご覧ください↓

 

 

 

使用している芝刈り機をご紹介いたします

バロネス LM4D
芝刈り機は、仕上がりの良さで決めるべき
ポイントは重さ
芝生に負けない重さで、サクサク刈れますよ
刈り音もシャリシャリ・ジュボジュボと心地いい
おすすめです↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事