経験から分かる芝生の密度をグングン上げる方法😃✨

マイホームを建て芝生ライフをエンジョイされている方は多いと思いますが

しか~し!
一方で、緑のカーペットを夢見たものの思うように行かず曇り顔の方もいるのではないでしょうか?

数年が過ぎるうち、いつの間にか芝生の密度は下がりスカスカに

ほげえ~😣
こりゃいかん!
とエアレーションなど試しても最初の頃の青々とした芝生に戻らない…シュン😩

張り替えるのは大変だし何か密度を上げるいい方法はないだろうか?
とお悩みの方へ

と言っても
私も以前は本気で悩んだ一人です😅

ところが密度アップに取り組んだことで、今ではお客さんに喜んでもらえるくらい密度が上がりました

今回の記事では、私が経験して分かった芝生の密度を上げる方法を皆さんにご紹介いたします🤗✨

芝生の密度が上がる仕組み

芝生は上へ伸びる葉を切られると生存本能により横へ伸びようとする性質があります

横へ伸びる茎を「ほふく茎」と呼びますが、一本のほふく茎からいくつも芽が出てきます

したがって、葉を切る程に分けつが進み、ほふく茎は伸び芽が増えます
結果、段々と密度が濃くなっていくのです
芝生の密度が上がる仕組みは重要なので、よく理解しておく必要があります🙂✨

芝生の密度を上げる方法

芝生の性質から葉を切る、つまり「芝刈り」をする程に密度が上がっていくことはご理解いただけたと思いますので、さっそく密度を上げる方法に取り組んでいきましょう😉

まずは芝刈り機の刈り高をこれまでより低く下げます

これは芝刈り回数を増やすためで、芝刈りには1/3ルールがあり刈り高を低くするほど芝刈り回数は増えます

参考に、1/3ルールとは刈り込む長さを全体の1/3以内にするルールのこと
このルールは必ず守らなければなりません

くれぐれも調子に乗って刈り高を下げすぎないでください

ルール破りには「軸刈り」という厳しい罰が待っています
結果、緑を失い辛い日々を過ごすことに…😱

ちなみに、軸刈りとは電動バリカンでザックリと深く刈ってしまったり芝刈り機で短くしすぎた場合に、芝生の軸だけが残り茶色になってしまう状態のこと

軸刈りをしてしまうと緑に戻るまで相当長い期間を要します

さて、話を戻して
参考に、我が家を紹介しますと以前の刈り高は17mm

芝刈り間隔は5~6日

密度を上げるため刈り高を13mmに下げたので

芝刈り間隔は2~3日に

刈り高4mm下げたことで芝刈り回数はどのくらい増えたでしょうか?

さっそく計算してみましょう

1ヶ月間の芝刈り回数は
刈り高17mm →30日÷5~6日=5~6回
刈り高13mm →30日÷2~3日=10~15回

刈り高4mmの差で芝刈り回数は
なんと2~3倍に

どひぇ~!
ビックリ😅

芝刈り回数が増えて大変ですが
その結果、3ヶ月後には

むふ~!
密度が上がります😍

まとめ

いかがでしたか?
今回の記事では芝生の密度を上げる方法をご紹介しました😊

芝生の密度を上げるには芝刈り回数を増やすことが大切です

そして回数を増やすには刈り高を下げること
ただし、軸刈りにならないよう注意が必要です

皆さんは芝刈りにどれだけ時間を掛けられるでしょうか?
ご自身の環境に合わせて刈り高を決めましょう😄

皆さんの芝庭が緑のカーペットになるよう
心から応援しています🤗✨

2 件のコメント

  • 今年、芝生デビューしました。
    4月初旬に業者に芝張りをしてもらいましたが、思っていた以上に密度が上がらず困っていたところに、こちらのブログと出会いました。
    以降、超楽しい記事をちょくちょく拝読させていただいております。
    来年に向けてこれからも参考にさせていただきますので、楽しい記事をお願いします。

    • 芝生デビューおめでとうございます!
      ブログを参考にしていただきホントに嬉しいです(^^
      芝生の手入れをしていると喜んだり悲しんだり色々とありますが、なべやすさんに楽しんでいただけるよう楽しい記事をアップしていきますのでどうぞよろしくお願いします(^^/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です