芝生を飾るハンギングプランターに小輪パンジーを植える方法

秋を迎え気温が下がると元気に咲いていたニチニチソウはションボリ😱

ありゃ~!
寒さに弱いので仕方がありませんね

すでに芝生もシーズンオフに入っています

うへ~!
寂しい限り😣

せめて花を飾ってにぎやかにしてあげましょう

秋に出回る草花は色々ありますが

今回植えるのは冬でも咲き続ける「小輪パンジー」

この記事では、芝生を飾るハンギングプランターに小輪パンジーを植える方法を写真で詳しくご紹介いたします🤗✨

小輪パンジーの特徴など


用途
花壇・鉢植・コンテナガーデン

花期
10月~6月頃(※地方により開花は多少異なります)

特徴
・冬でも休まず連続開花
・パンジーのボリュームある花とビオラの強さ、多花性を併せ持つ

管理のポイント
・植え付けは根を崩さず、日当たり·排水の良いところへ
・土の表面が乾いたら水を与える
・咲き終わった花は摘み取ることでさらに多くの花を咲かせてくれる

ハンギングプランターを小輪パンジーに植え替える方法

植える準備

ハンギングプランターを取り外したら

ひっくり返して咲き終わったニチニチソウを土ごと取り出します

まずはニチニチソウの処分

土を払って根を取り出します
トントン!トントン!

取り出すと

おお~!
大きく根が張ってましたねぇ😊

ニチニチソウは燃えるゴミへ

残った土を見ると

鉢底石や残った根がゴシャゴシャ😅

さっそくフルイにかけましょう

ゴチャゴチャした土のまま入れて

フルフル!フルフル!

鉢底石や残った根を取り除きます

フルイが終わると

下に落ちた細かな土

フルイに残った土

鉢底石

鉢底石は水洗いします

それと
ハンギングプランターも水洗い
ジャ~!

じゃん!

うほ~!
ピカピカ😍
これで植える準備は完了

小輪パンジーの植え付け

キレイに洗った鉢底石を入れます
ザザ~!

鉢底石は鉢の1/5くらいまで

続いて土を戻しますが

その前に
フルって下に落ちた細かい土は
捨てましょう

これは「微塵」といって粒子が細かく、土を固くする原因になります

使用するのはフルイに残った土

ここに培養土を加えます

ザ~!

さらに元肥として化成肥料を加えます

パラパラ!パラパラ!

よく混ぜたら
まぜまぜ!まぜまぜ!

ホイでもって
ハンギングプランターに土を戻します
ザザ~!

苗を置ける高さまで土を戻したらポット苗を置いて高さ確認

高さを調整したらポットから苗を出して置きます
スポッ!

根を崩さないまま
置きましょう
ホイ!

成長したとき混み合わないよう2苗ずつ植えます

位置を決めたら周りに土を
ザザ~!

出来上がったら

最後に液肥をあげましょう
ハイポネックス

10Lバケツにキャップ1杯

葉っぱに掛からないよう
そ~っと
ジャ~!

下からこぼれるくらいタップリと液肥を与えたら完成

作業に掛かった時間は約60分です

さっそく仕上がりチェック~😉✨
ビフォー

アフター

むふ~!
いい感じ😍

まとめ

いかがでしたか?
今回は芝生を飾るハンギングプランターに小輪パンジーを植える方法をご紹介しました😃

ポイントは
・古くなった土を再利用する
・フルイから落ちた土は捨てる
・鉢底石は鉢の1/5くらい入れる
・小輪パンジーの根は崩さない
・液肥は鉢底からこぼれるくらいタップリ与える

最後に芝生が映える場所にハンギングプランターを飾りましょう

じゃん!

むふう~!
これで枯れてさびしい芝生も華やか😄

皆さん
冬でも庭に出るのが楽しみになりますよ😊

今回は小輪パンジーを植えましたが
皆さんのお気に入りの花を飾るといいですね

ぜひ参考にしていただき芝生ライフをエンジョイしてください🤗✨

2 件のコメント

  • 1つ1つが丁寧で素敵ですね!
    家族の方や近所の方が花を見ての喜ぶ姿が眼に浮かびます!
    微塵は捨てるものなんですね!むしろ細かくていいなーって使ってました( ̄▽ ̄;)
    自分は芝生ばっかで花の方はからっきしなので今後やる時は参考にさせてもらいます。!

    • 花があると芝生が映えますよ(^^
      冬場は芝生のお手入れも少なくなるので、ぜひ試してください(^^/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です